スタッフルーム 2月

2月27日(火)
今日番組でご紹介したのは、FUNNY FACEの第3回公演「童子〜WARASHI〜」
お話を伺ったのは、脚本・演出・主演をこなすFUNNY FACEの大黒柱(?)小野坂貴之さん。
童子の由来は座敷ワラシからくるそう。
誰の心の中にも、ふと浮かんでくる名前も知らない人が存在するのでは?
そんなところから今回のお話しの骨格ができていったのです。
何か思い悩んでいることがある人は、ぜひこのFUNNY FACEの公演を見て、自分と向き合う時間を作ってみて。

日時は、3月3日土曜日 午後1時〜午後4時30分〜午後8時〜の3回公演となっています。
場所は、高松市通町のあかつきホールです。
この公演のチケットを…なんと!各回ペアで1組の方にプレゼント!
どんどん応募してきてね♪
住所・氏名・年齢・電話番号を書いて、ご応募はこちらまで!
募集は終了しました。



2月26日(月)
第30回 みんなの生活展
今日ご紹介したのは、27日火曜日午後5時までコトデンそごう9階の特設会場にて行われている「第30回 みんなの生活展」です。
省エネルギー対策や、リサイクル活動の推進を呼びかけ、地球環境問題を考えた資源循環型社会の実現に向け、21世紀を創り・守っていこうというこのイベント!
私がお話しを伺ったのは、香川県中央生活センターの鈴木さん。
「4月から施行される家電リサイクル法についても分りやすくパネルなどで展示していますし、県産野菜のご紹介、花の即売も行っています。
身近な所からできるリサイクルや省エネについてみんなで考えたい」とお話ししてくださいました。
日替わりイベントも行われているそうですので、遊びに行ってみてくださいね。

HAIR&MAKE Colorist
そしてもう1つは、高松市番町郵便局の西隣に26日オープンした「HAIR&MAKE Colorist」。
こちらでは、カラーコンサルティングを行うことによって自分に似合う色を知ることができます。
お話しを聴いたのは、カラーアナリストの佐々木明美さんです。

Q.カラーコンサルティングとは?
A=人それぞれで微妙に違う肌の色のタイプや気質を分析して、その人に合うグループを診断し、アドバイスすると言うものです。
アメリカで半世紀以上も前から始まっている物です。

Q.なんで似合う色と似合わない色があるんでしょう?
A=肌と同じトーンの色を選べるかどうかの違いなんです。
自分のトーンと違う色を身につけると、不調和を起こし、肌がくすんだり欠点が目立ってしまうのです。
逆に同じトーンの色ならば肌も美しく見えます。

Q.どうやって診断するんでしょうか?
A=パーソナルカラーを診断してもらう場合、肌の下地や個人が持つ気質などを7段階の工程でテストします。
肌のタイプと気質のタイプを、春・夏・秋・冬のフォーシーズンで診断し、その結果を基にして、シーズンカラーのアドバイスを受け、自分に似合う色が見つけられます。

この質問の続きがある人・自分色を見つけたい方は、HAIR&MAKE Colorist までお問い合わせください。
基本料金は、女性(2時間) ¥15,000(¥3,300のカラーファン付)

電話番号はこちら 087−821−2762 ←完全予約制です。

2月21日(水)
今日のテーマは「開けてビックリ!」
そこで今日は、外国からやってきたオマケ入り卵型チョコレート「エッグチョコ」の現代事情をイルムプラザの池本店長にお聞きしてきました。

イルムプラザ高松店・池本店長
ここには多くの輸入菓子をとり扱っています。
その中でも人気の「エッグチョコ」が並ぶようになったのは3年前から。
「エッグチョコ」一番人気の商品は…

人気のキャラクター「PINGU」のエッグチョコ。
中には約20種類のキャラクターフィギアが!
そしてこれから注目の商品は…
ご存知ミッキー&ミニーのビッグなチョコエッグ「スーパーサプライズ」。
普通のエッグチョコの3倍背が高いエッグチョコの中には、時計やサングラス、コス目セットなどのおもちゃが入っています。
卵が大きいだけにおもちゃもビッグ!

みなさんもいろんな物をあつめてみたり、友達や子供のプレゼントに選んでみてくださいね。
男性の方はこれからやってくるホワイトデーのお返しに、この卵型チョコレートを贈るのもいいかも知れませんよ。
ご協力:イルムプラザ高松店
場所:高松市田町商店街内
お問い合わせ電話番号:087-835-2001(年中無休10:30〜20:00)

2月15日(木)
今日のテーマは「気になるあの場所」!
それは丸亀競技場ほど近く、毎週日曜日にだけ開店するという気になるお店、「キリン堂」さんの「日曜懐かしもの市」を取材してきました。


キリン堂を経営されている高井さんご夫婦と店名の由来となった三女きりんちゃん。

ここでは、いろんなせり市で仕入れてきた昭和30年代〜40年代の看板やポスター、パン屋さんがパンを入れて売っていた木製のショーケース、古着の着物等を並べて販売しています。
よく来られるお客さんの話によると、他で買うよりもずっと安いとのこと。


店内にも懐かしいおもちゃや文房具、
レコードが所狭しと並んでいます。
古着の着物は100円から。
年代問わず、リメイクや
羽織に使う人が買っていくそう

この「日曜なつかしもの市」は毎週日曜日に開催。
第一日曜は同じ場所でフリーマーケットも。
毎週100くらいの商品が入れ替わるので、毎週行きたくなる市です。
場所:丸亀市丸亀競技場からインターチェンジに向いて曲がり、オロチョンラーメン左隣。
お問い合わせ:(087)832-8504「キリン堂」さん
ぜひ丸亀方面に行かれたときは、皆さんもぷらっと立ち寄ってみてくださいね。

2月14日(水)
今日はバレンタインデー!
家族みんなで、彼と、友達と一緒に楽しめるチョコレートメニュー「チョコレートフォンデュ」の作り方を、ルーヴ空港通り店の野崎さんにお聞きしてきました。
材料
市販のチョコレート(スィートかミルク。ホワイトは甘いので△) 100g
生クリーム(乳脂肪分の少ないやつ) 50g
水あめ(なければ蜂蜜でも良い) 10g
チョコレートにつけて食べるもの(例/クッキー、果物、プリッツ) 好きなだけ
作り方
@ チョコを細かく刻んで電子レンジで溶かす。(長く温めると焦げるので注意)
A 生クリームと水あめを鍋に入れて沸騰させる。(周囲がふつふつするくらい)
B 火を止めてAをチョコの中に入れてよく混ぜる。
C 湯銭で常にあたためながら、イチゴやサブレ、プリッツなどをつけて食べる!
チョコレートフォンデュにあう飲み物
くせのない紅茶をノンシュガーで。
甘いのが苦手な方はブランデーの水割りを添えて楽しんでみてくださいね。

2月8日(木)
今日は、高松市のカードショップ「ペーパーパーク」さんに、オススメバレンタインカードやカードをうまく使ったプレゼントのアドバイスをお聞きしてきました。
お答えくださったのは、「ペーパーパーク」スタッフの武田いづみさんです。

店内には常時3000種類のカード類が揃っています。その中でもバレンタイン用カードはミニカードを含めて200種類!
好きな人に贈るカード…メッセージの入ったものや、開くとオチのついているもの。
上司やお父さんに贈る…開くとオチのついているユーモアのあるもの。
友達に贈るもの…アランジ・アロンゾのイラストポストカードや、メッセージを書いた上にシールを貼る「シークレットカード」。
カードの贈り方アドバイス…タグカードを使って、直接シールでプレゼントの箱に貼り付ける。
タグカードも犬や手袋などいろんな種類があります。
ペーパーパーク高松店
場所:高松市丸亀町商店街の100円ショップの角を東に曲がり、中央通りに向かって10メートルほど進んだ右側のワインドビル2階になります。
お問い合わせ:(087)823-1118
ペーパーパークさんからステキなプレゼント!
四季の日常生活をアメリカの画家ジョン・スローンさんが描いた絵本のような2001年スケジュールブックを5名の方に。

ご希望の方はハガキ、ファックス、Eメールで!
ハガキ:〒760−8584
FAX:087-837-7870
Eメール:club@fmkagawa.co.jp

必ずあなたの住所・氏名・年齢・電話番号・「JOY-U CLUBスケジュール帳プレゼント係」までお送りください。
締め切りは来週2月15日(木)です。
募集は終了しました。

2月7日(水)
今日は先週の土曜日、コトデンそごう9階にて開催されていた「吉田愛服飾専門学校2001作品展」にて、洋服&着物のリフォーム作品が見られると聞いて取材してきました。
吉田愛服飾専門学校・吉田ひろこ校長先生と生徒のお2人にお話をお聞きしました。
自由科3年 阿河美智子さん
「踊る和風ドレス」
8〜10種類の着物をリサイクルショップなどで安く購入して、マーメイド型ドレスに仕上げたもの。
すそのフリルが「踊るドレス」のイメージ。
着物は柄が一つ一つ違うので、どう組み合わせるか迷ったとのこと。
高等過程2年 多田彩香さん
「デニムコーディネイト」
家にあったデニムと叔母さんが小さい頃に着ていた着物をウエスタン風に仕上げた。
スカートは腰ではくタイプ。
やわらかい着物の生地をプリーツに仕上げるのが苦労したそう。
普段は1日でスカートを作る多田さんもこの作品は3週間かかったとのこと!
発想の面白い2人の作品、すごいですよね!
ジーンズ×着物=ウエスタン、着物×着物=ドレスのリメイク大作戦、大成功です。
着物によって「和」のテイストを加えるから、普通のワンピースやスカートよりも女性らしいイメージがでてきています。
以外と何を使ってでもリフォーム作品が作れること、皆さんもわかったのでは?
片付けの時に、お母さんやおばあちゃんの着れなくなった着物と自分の着なくなった服でオリジナルリメイク作品にチャレンジしてみてくださいね。

2月6日(火)
今日ご紹介したのは、「包むファクトリー」。
ラッピングしてもらったという人や、こちらでラッピンググッズをそろえたという人も多いはず。

店内には、和紙からメッシュコットンまで色んな素材の紙が150種類ほど並んでいます。
そしてこの時期ならではのチョコレート用の箱もおいてありましたよ。
きっとあなたのイメージに合ったものが見つかるはずです!

こちらが今回私が包んでもらった皆さんへのプレゼント!
ドリームキャッチャーが入っています。
携帯電話のストラップにしてもいいとってもかわいい物です。
やわらかいオーロラのようなカラーの不織布に、オーガンジーのリボン!
そしてあまった不織布でバラの花をクルクルっと作ってくれました。
ふわふわの出来上がり♪大満足です。
こちらは皆さんへのプレゼントです。欲しい人はぜひぜひ応募してください。
2月9日金曜日が締め切りですよ〜。
包むファクトリーは、高松市百間町!ホテル川六のすぐ近くです。
電話番号は、087−823−1775です。

2月5日(月)
今日ご紹介したのは、高松市東山崎町にある、「夢菓房たから」”いちご大福”がとってもおいしい和菓子屋さんです。
私がお伺いしたのが午後5時…お店のほうには、まだまだいちご大福を買い求めるお客さんで賑わっておりました。
しかし!この日は、午後2時に売り切れ状態。
手に入らなくて肩を落として帰るお客さんも、たくさんいらっしゃいました。

さて、お話を聞いたのは、「夢菓房たから」の専務浜田さん。
「お店でいちご大福を作り始めたのは8年前。他にはない物を作ろうと思って、毎日試行錯誤しながら作り上げたこだわりの固まりです。」
そんな風に語ってくれました。
やはり1番のこだわりであり、和菓子の命とも言える餡が最高です。
しつこくない甘さ。ほおばると口の中に広がる豆の風味。
漂白剤を使っていない少し黄色味がかった「たから」の白餡。
誰にでもすぐに味の違いがわかります。
そして、この時期限定の「チョコバナナ大福」
大和撫子を演出したい女の子は、ちょっと和風に渋いプレゼントとして渡してみてもいいかもしれません。
もちろん自分が食べたいから買いに行ってもOKですよ。
なんともいえない組み合わせ!
バナナも甘いが餡も甘い。しかもチョコとくれば
スペシャルに甘ったるいとお思いでしょう…違うんです!
「お互いの味を殺さず、適度な甘さもあり、餡の風味も楽しめる!これがたからの餡ですよ。」と浜田専務。
甘すぎる和菓子が得意ではない私にとっては、はまりにはまるおいしさです。
この夢菓房たから、場所は長尾街道沿い、川添小学校よりも少し東に行った所にありますよ。
定休日は、第2第4水曜日。
お問い合わせは、電話087−847−6026までどうぞ!

2月1日(木)
今日は、ハワイという国の文化をもっと身近感じられるイベント「エコモマイ!ハワイアン」をご紹介しました。
お話をお聞きしたのは主催者であるチーム、「メレ・オハナ・ナー・ハウ・オリ」の明田さんです。

ハワイ語で「たくさんの幸せを持つ家族」という意味のこのチームには、西日本各県から多くの人がハワイの文化を学ぼうと集まっています。
その皆さんが昨年11月にサンフランシスコで開催されたフラダンスの大会で披露した踊りと、ハワイの文化をみんなにもっと知ってもらいたい!というイベントが「エコモマイ!ハワイアン」。
実際にハワイの方が来た人にハワイの歴史や風習を教えてくれるそう。
西日本7箇所で行うこのイベントは既に広島・岡山・福島での公演を終え、各地でかなりの反響があったそうです。
「エコモマイ」とは英語で言うところの「レッツエンジョイ!」あなたもこのイベントに参加して、ハワイをもっと身近に感じてみてくださいね。

「エコモマイ!ハワイアン」
日時:2月11日(日)午後3時〜
場所:ミューズホールにて
チケット料金:¥1000
お問い合わせ:(090)1009-3776 分部さんまで
終了しました。

HOMEPAGE


Copyright(C)1998 FM KAGAWA, Inc. All Rights Reserved.