スタッフルーム 7月

7月26日(木)
今日はこの夏休みに丸亀市猪熊弦一郎現代美術館にて開催されるオープンワークショップ「描いて着る ザ☆Tシャツ」をご紹介しました。

参加者は参加料の300円を持ってくるだけ。
材料のTシャツ(白・サイズ:M、JM、JL)、アクリル絵の具(10〜12色)、筆(3種くらい)は用意してくれている。
色は混ぜて自分の好きな色を作ってもOK。
ちょいちょいっとワンポイントTシャツくらいなら5分〜10分くらいで出来上がり。
絵の具が乾けばすぐに着ることが出来ます。
定着液を入れた絵の具なので洗濯前に当て布をしてアイロンをかけると書いた柄が落ちることはありません。
お話をお聞きしたのはワークショップ担当の荻田さん。
「白いTシャツをキャンバスだと思って自由に描いてください。
初めての人でも気軽に参加出来ます。」とのこと。
スタッフの皆さんが作った中には手の込んだものも。
もともと発色の良いアクリル絵の具は、洗濯してもほとんど色が変わらないので嬉しい。

〜丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
夏休みワークショップ「描いて着る ザ☆Tシャツ」〜


日時:7月29日、30日、31日、8月1日、2日
午後2時〜5時。(入場は4時30分まで)。
場所:美術館造形スタジオ
参加料:300円。申し込みは不要
注意!:1日50枚限定なので、どうしても作りたい!という人はお早めに。
お問い合わせ:0877-24-7755

7月24日(火)
ご紹介したのは、8月4日に行われる「ゆかたパーティーinシュガークラブ」
場所は、高松市上天神町にある、今話題のスポットSUGAR CLUB!
大人が集まって遊べるイベントになりそうです。

生演奏・花火・そしてプロのカメラマンによる撮影会。
イベントを軸にして人と人との交流が始まります。
参加費は4500円。
浴衣を着てこられた方には、当日500円バックします。
そしてプロのカメラマンに撮影された写真は、プレゼントいたします。

このイベントへの参加お申し込み方法ですが、チケットをご購入いただくか、下記振込み先に参加費をお振込みください。
その場合は、振込み控えがチケットとなりますので、当日ご持参ください。

振込み先
 114銀行本店 普通預金 2652934 麓淳子(フモトジュンコ)

お問い合わせ先は、携帯電話 090−3783−6543
メール fumoto@mx8.tiki.ne.jp


7月23日(月)
今日ご紹介したのは、高松市北浜町にある「Naja」(ナージャ)。
北浜町の倉庫街に、緑に囲まれたお店が5月にオープンしています。
昭和18年に作られた木造の建物の味をそのまま生かしたつくりとなっていて、それが落ち着いた癒しの空間を醸し出しているのです。


お話を伺ったのは、井上雅子さん。
井上さんは、空間作りのプロなんです。
お店のインテリアコーディネートをされたりとか、設計もしているんですが、お店を経営するのは全くの素人。
でも、計画してから1年での実現となったそうです。

こちらには、上海の古典家具であったりとか、バリのアンティーク家具など、味のある家具と、センスのいいインテリア小物が並んでいて、どれもシンプルなのに個性的!
そして、中庭に併設されているカフェでは、中国茶やコーヒー紅茶の他、アップルと紅茶が2層に分かれて見た目にも楽しく、とてもおいしいオリジナルの紅茶「クリムソンティー」などがあります。


他にも建物の2Fでは、毎週水曜日と土曜日にはインテリアコーディネートについての相談にも乗ってくれるスペースを設けてありますので、興味のある方はぜひ声をかけてくださいとの事。

倉庫街のイメージが強い北浜に賑わいを!
そして昔のよさをずっと残していって、癒しの北浜になって欲しいという井上さんの願いが届いたのか、連日多くの方が訪れています。
あなたもその1人になってみませんか?

〒760-0031香川県高松市北浜町4-14
tel/fax 087-811-5212
e−mail:naja@icsp.co.jp
http://www.icsp.co.jp

写真左:井上さん
右:原さん(クリムソンティーの発案者)
フェのみの方は、お店の横からこの小道を通って行くとバリ風の中庭に出ますよ。

7月18日(水)
今日は、地元名産のあらゆる素材をアイスクリームにしていることでおなじみの綾南町「道の駅滝宮」さんの「ダチョウの卵アイスクリーム」をご紹介しました。

お話をお聞きしたのは、目に入ったものはすべてアイスになるかもしれないという発想を日々怠らない「道の駅滝宮」のアイス博士、中山さん。

県立農業経営高校が飼育しているダチョウが今年初めて卵を産むということで、お願いして頂いた卵。
鶏卵と比べてもこの大きさ!
縦16cm、黄身の大きさは13cm。
鶏卵の20個分はあるという。

色は普通のバニラアイスと同じ白っぽい。
あま〜い香りとあま〜い味もバニラとそう変わらず、なんとなくミルキーなのにさっぱり。
女性や年配の方にオススメとのこと。

この「ダチョウの卵アイス」は7月18日に販売開始でなくなり次第終了。
お早めに!

「道の駅滝宮」
場所:国道32号線沿い
お問い合わせ:087-876-5018


和菓子でおなじみ「笹のちまき」シャーベット香りの豊かなバラのアイス。
スイカのソフトクリームも食べられます。

7月17日(火)
5月に10枚目のシングル「抱きしめたい」をリリースしたジャングルスマイル!
これを機会に、96年のデビューシングル「風を起こそう」から「片思い」「同じ星」などのヒット曲に、最新の「抱きしめたい」までのすべてのシングル曲+4曲を収録したニューアルバム「ジャンスマポップ−シングル集―」を7月18日にリリースします。

Jungle Smileマウスパッドプレゼント!
そんなジャングルスマイルから皆さんにプレゼントがあります!
パソコンをする人には欠かせない!ジャンスマ特製のマウスパッド!
色づかいもポップでかわいいオレンジ色!形はまんまるてんとう虫のようなイメージでさりげなくJSの文字が入っています。
直径は20センチ!
このマウスパッドを抽選で3名の方にプレゼントいたします。

欲しいという方は、あなたの住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上こちらまでお送り下さい。
club@fmkagaewa.co.jp

締め切りは7月23日月曜日です。
あなたからのご応募お待ちしています!
募集は終了しました。

7月11日(水)
今日は夏の食のエンターテイメント!
「流し素麺」が食べられるお店、徳島県の「森の小屋」さんをご紹介しました。


国道438号線を徳島方面に走り、三頭トンネルを越えてしばらく走ると、道路の右側に現れる長さ13メートルほどの竹でできた流しそうめん台が現れる。
ここでは剣山や高越山も望め、うぐいすなど小鳥のさえずりも聞こえてくる。
竹の台は上流にいる人も下流にいる人も平等に食べられるよう5本ならべられ、そこを冷たい山水にのって自家製の半田そうめんが流れてくる。
そうめんも自家製なら「つゆ」も自家製。
あらかじめ凍らせておいた竹の器に刻みシソと一緒に入れて出してくれます。
薬味は季節ごとにすだちやゆずに変わるそう。
柏原も体験! 思わず声がでる楽しさ。
しかもつるつる入る〜〜!
注文が入ってから茹でてくれるのでもちろん麺もシコシコ。
お話をお聞きした「森の小屋」の小野明美さん。
実は元祖半田素麺をうたう「(有)美馬製麺の社長さんなのだ。
「もっといろんなそうめんの食べ方をみんなに教えてあげたいし、ここに来る人といろんな話がしたい。」とのこと。
気軽に話し掛けて、流しそうめんのコツを聞いてみよう!

「森の小屋」
場所:徳島県美馬郡美馬町猿坂93-3
アクセス:国道438号線を徳島へ向かって走り三頭トンネルを過ぎ、5分ほど走ると右側に長〜い竹の流し素麺台が現れます。
営業時間:10:00〜17:00。年中無休。流しそうめんは9月15日まで。
料金:一食300円(300g)
お問い合わせ:0883−63−5378

7月10日(火)
今日ご紹介したのは、豊浜の「一の宮サマーフェス2001」
お話を伺ったのは、豊浜町商工会青年部の合田さん。



一の宮海岸は1年間にリニューアルオープンし、多くの人が訪れているんですが、今回は若者を中心としたイベント盛りだくさんですよ〜。
7月22日日曜日、ウエイクボードのプロ選手で世界チャンピオンの峠範和氏によるデモンストレーション、スケードボードコンテスト、アマチュアバンドコンサート、その他盛りだくさんのイベント「一の宮サマーフェス2001」が開催されます。



その中でも、今参加者を大募集しているのが「フリーマーケット!」
青い海、白い砂浜。やさしい海風、水平線に沈む真っ赤な夕日・・・
最高のロケーションを持った一の宮海岸の芝生広場で、あなたもお店を出してみませんか?
フリーマーケット開催時間は、9:00〜16:00まで。
1ブース 3m×3mで、出店料は2000円
応募の締め切りは、7月13日金曜日
お申し込み・お問い合わせは、豊浜町商工会青年部 0875−52−2536まで

この一の宮海岸には、夕日が水平線に沈むのを眺めにくるカップルやカメラマンもいるそうです。
これらの写真とはまた違った表情も持っているんでしょうね。
あと、恋人と鳴らすと幸せが訪れるという鐘もあります。
この一の宮サマーフェス2001が目的で行くという方だけでなく、1度は行っていただきたいスポットです。


幸せになれるという噂の鐘(時計台になっている)の前で青年部の皆さんと

そしてもう1つ!今日はブランキージェットシティーのDVDが7月11日に発売になるのを記念して!
「ブランキーポスター」プレゼントもありました。
「欲しい」と言うあなたは、ぜひご応募ください。



あなたの住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上、ブランキーポスタープレゼント係までお送り下さい。
締め切りは、7月17日火曜日です。
club@fmkagawa.co.jp

募集は終了しました。

7月9日(月)
6月22日に発売されたばかりのJ−PHONEの新しい携帯電話「J−SH07」
見た目は今までの携帯電話と同じですが、中身はとっても優れモノ。
まず約6万5千色が表示できるカラー液晶!しかも大型ディスプレイ!
色がとっても鮮やかで見やすかったですよ。
それと今話題のカメラ。11万画素モバイルカメラがついているんです。

このJ−SH07の最大の特徴は、Javaアプリという新しい機能を搭載していること。
とにかく凄いの一言!
世界初!3Dポリゴンエンジンを搭載しているので携帯上で3Dキャラの描画・操作ができるんです。
キャラクターを回転させたり、拡大縮小も可能!
自分の思いのままに3Dキャラを360度グリグリと動かすことが出来るんです。
また、ゲーム動画もリアルに動いて更に楽しめます!スムーズで、操作も簡単!
Javaアプリで無限のエンターテイメントが始まります!


さて、J−PHONEでは、8月1日2日にアスティー徳島にて行われる四国最大のロックフェスティバル「J−PHONE presents MONSTER baSH’01」を特別協賛しています。
J−PHONEユーザー限定で各日25組50名、計50組100名様を特別招待いたします。
応募方法は、J−PHONE J−SKYから「四国メニュー」へアクセス!
するとキャンペーン情報が表示されますのでこのキャンペーンを選択し、応募フォームにしたがってどしどしご応募ください。
応募の締め切りは、7月22日日曜日までです。

また、JOY−U・CLUBでもチケットプレゼントを行っています。
各日2組4名、計4組8名様を特別ご招待!
「J−PHONE presents MONSTER baSH’01」に行きたい!!!!というあなたは、住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上、こちらまで是非ご応募ください。
応募の締め切りは7月16日月曜日です。
club@fmkagawa.co.jp
募集は終了しました。

7月5日(木)
今日は、四国学院短期大学2年の柿谷つばささんが経営する善通寺市のカフェ「プライベート・バザー・コーヒーショップ」を取材しました。

このカフェは四国学院短期大学の必須カリキュラム「プラクティカム」の一環として7月末まで開かれているもの。
これは短大と善通寺市の交流で2年前に始め、生徒がテーマを決めて、その目的を果たす場所をみつけ実体験するというもの。
つばささんがカフェをやろうと思った理由は「カフェが好きだし、自分の行きたいカフェを作りたかったから。」とのこと。


ドアはなくオープンな雰囲気…かと思いきや、木製の家具と緑がプライベートな空間を作っている。
コンクリート打ちっぱなしの店内に英字新聞を貼って、建物そのものの雰囲気が生かされている。
こだわりはゴスペルをBGMに使うこと。
友人が作ったビーズアクセサリーや服の展示販売もあります。
本格的なエスプレッソマシーンをスタッフから借りて作るメニューはエスプレッソ、カフェ・ラテ、チョコレートドリンク(各¥200)。
オリジナルの豆を使うなど、豆はスタッフのこだわりもあり。
しかもスイーツはすべて手作り。
ビスコッティ、マフィン、チョコファッジ(各¥50。安い!)などが日替わりで揃う。
 テイクアウトすると英字新聞で作った紙袋に入れてくれる。
オーナーの柿谷つばささんが出してくださったのは、スチームミルクたっぷりの「チョコレートドリンク」。
「オーナーとして、雰囲気作りやスタッフとしての気持ちの持ちよう、コミュニケーションを考える機会が出来て社会勉強になりました!
みなさんもこちらでプライベートな時間を過ごして下さい。」
「プライベート・バザー・コーヒーショップ」
場所:善通寺市上吉田町3丁目。
営業時間:8:00〜19:00まで。
※カフェは7月一杯の営業となりますのでお早めに!


HOMEPAGE


Copyright(C)1998 FM KAGAWA, Inc. All Rights Reserved.