スタッフルーム 9月

9月24日(月)
今日ご紹介したのは、高松市木太町にあるパン工房「小麦」
小麦のオーナー竹林さんは、いつもバンダナを巻いてパンを焼いているそうです。
こだわりの食材を使ったパンのファンは多く、場所がマルナカ木太店の北隣ということだけあってその匂いに誘われてお買い物帰りによるという人も…

で、今回特にご紹介したいのは、毎週月曜日の午後4時から7時までの間に焼きあがる「焼きたて夕焼けパン」天然酵母と国産小麦を使ったもちもちのパンたち、30種類くらいが店頭に並びます。
天然酵母をじっくり寝かすことによって、うまみ成分を出し、そこにこだわりの食材たちが加わっていきます。
小麦粉・塩・砂糖・水…より自然に近い物を皆さんに食べてもらいたいそんなオーナーの想いが伝わってきます。

赤ワイン生地 ワイン&カマンベールチーズ 180円
特に苦労するのがこのワイン&カマンベールチーズのパン!
発酵させるのに18時間くらいかかるそうですよ。
いつ寝てるんですか?と聞くと…「寝てません!でもおいしかったよって言われると、寝ずにでも作ろうと思いますね〜」と竹林さんは教えてくれます。
眠らない・進化するパン屋さん!「小麦」
素材の味と、愛情をたっぷり受け取ってきてくださいね〜

いちぢく&レーズンクルミ 200円
フィグ(いちぢくフランス) 120円
メロンパン 100円
他にもルイボスティーのパンやライ麦食パン・南部小麦の食パンなどもおすすめです!

住所    高松市木太町2区1677 エアポートハイツ1F
電話番号  087−861−1220
定休日   日曜日

9月20日(木)
今日は道の駅滝宮の新作アイスをご紹介しました。
その名も「スパイシートマト」!

夏の間、お客様からの要望が多かったことから地元のトマト「桃太郎」を使ったアイスを作ることに。
「スパイシー」は「ブラックペッパー」によるもの。
イタリアではコショウのアイスが普通にあることと、中山さんが普段トマトジュースにブラックペッパーを入れて飲むことから繋がったそう。
パステルピンク色にブラックペッパーのつぶつぶが…。
食べると最初にフルーツトマトのような自然の甘味が。
その後コショウのピリピリが口内に広がります。
甘いものが苦手な男性、イタリアン大好きな若い人に人気が出そう。
「ピリピリ辛いけど、飽きずに食べられる!」

他にもこんなアイスあります!
@たまねぎアイス…地元の玉ねぎを使っている。
1口目はガツンとたまねぎ味が。
でも2,3口目はホワイトシチューの味だそうです。
A梨…豊水を使用。
Bそば…兼ねてから要望の多かったそばアイス。
Cコスモスソフトクリーム…これは22日から発売されます!
どれも数に限りがありますので、お早めに!

〜道の駅滝宮〜
場所:国道32号線沿い。
定休日:毎週火曜日です。
お問い合わせ電話番号:087-876-5018

9月18日(火)
今日は、ペットを飼っている方!特にわんちゃん・ねこちゃんを飼っている方に、ぜひ注目していただきたいイベントをご紹介したいと思います。
それが、現在、高松市南新町の「ジェトロインポートスクエア」にて行われている、「世界のペット用品フェア!」

スタッフの方々(左が門屋さん)

9月14日金曜日からはじまったんですが、このイベントを担当しているのが、神戸にもお店を構えている、門屋さん。
日本にも犬や猫のグッズを取り扱っているお店があるにもかかわらず、欧米からの輸入品にこだわったのは、3年前にご主人とアメリカにペット事情を見に行ったところ、その個性豊かで、遊び心がある、機能的でカラフルなグッズのとりこになってしまったということなんですよね。

そんな欧米諸国のおしゃれで実用性の高い犬・猫のグッズ、約1000点が大集合しているんです。
日本初上陸となる商品もあるんですが、それが、ビタミンカラーのレインウエアー&キャリーバック!


キャリーバックはとっても軽いんですよ〜しかも丈夫!機能的!おそろいのレインウエアーもしっかりした素材で1枚持っておくと便利ですよ〜。
他には、訓練用の首輪、ロングリード、光る首輪や、携帯用の水筒や食器などのアウトドアグッズ!
いろいろそろっていますよ。

そして、オーナー用のおすすめ商品も聞いてきましたよ。


まずは、マウスパッド!自分が飼っている種類の物を買っていく人が多いそうです。
そしてワンちゃんの絵が入ったプレート!かわいい!カレンダーも豊富!
ほかにもシャツ・ネクタイ・ベルト・クッション・ポーチなどもありましたよ。

今回のフェアでは、イベントとして、「我が家のペット大自慢!写真展示会」とか「知って得する犬猫おもしろ情報セミナー」や、クイズ大会などのイベントも開催されますよ〜


門屋さんのお話でも言っていたとおり、高齢化・少子化が進んで動物達が人生の伴侶となりつつあります。
人間とペットの共生が、重要な役割を持つようになった訳ですが、家族の1員であるペットにおしゃれをさせたりするライフスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか?


SUPER DOGのロゴもかわいいワンちゃん用Tシャツ♪
こんな感じもかわいいんじゃないでしょうか?

この世界のペット用品フェア2001は、高松市南新町「ジェトロ インポートスク
エア」にて、9月30日日曜日まで行われています。定休日は月曜日です。
時間は午前11時から午後7時までです。

お問い合わせはこちらまでどうぞ
電話番号は、 087−833−6300

9月11日(火)
今日ご紹介したのは、志度町にありますフルーツパーク!
完熟のブドウが食べられるスポットですよ。期間は9月下旬頃までです。
今あま〜い香りがパーク中に漂っていますよ〜

お話を伺ったのは高橋忠さん。自分の子供よりも愛情を注いだぶどうについて熱く語ってくださいました。
そんな方が作るブドウなんだからおいしくないわけがない!
ぜひあなたも召し上がれ!


フルーツパークは、国道11号線を徳島方向へ、志度山川線との交差点を南へ高松自動車道をくぐってすぐ東へ入ります。
ちょっと道が分りにくいので、自信のない方はお問い合わせしてみてから行ってみて下さい。(私はちょっと迷いました)

<営業時間>午前9時から午後5時まで
<定休日>毎週金曜日。
<電話番号>087−894−1280
<住所>大川郡志度町志度4947
<料金>1日食べ放題 1200円


9月5日(水)
今日は夏の疲れが癒されそうなやさしい絵の並ぶ個展を紹介しました。
それは東京生まれ、東京育ち…現在は香川に住んでいらっしゃるというデザイナー、橋口剛志さんの「マーク絵画展」。

現在香川にいるご親戚のフラワーアレンジメントの仕事をプロデュースするために香川にきてまだ8ヶ月の橋口さん。
香川初の今回の個展では彼が色紙に描いてきた「ちっちゃくって白いおうち」のいろんな表情が見られます。

※「マーク絵画」とはキャンバスの中にあるワンポイントの小さい絵で物語を想像して楽しむものとのこと。
フリーハンドのやさしいラインで描かれたこのおうちが建っているのは実は「海」なんだそうです。
海に白いおうちが建っているのを想像するとステキですよね、ということで生まれた作品。
これが橋口さんのお気に入りのおうち「グラサン」。
お茶目なおうちだということがわかりますよね。
「フランスの人気男優ジャン・レノにも見えるでしょ?」と橋口さん。

〜橋口剛志の「マーク絵画展」〜
開催日時:開催中〜9月9日(日)
場所:兵庫町商店街内「ギャラリーゼファー」
(ライオン通りと兵庫町商店街のぶつかる角にあるお惣菜屋「ごとう」さんの2階)
入館料:無料
問合わせ先:087−821−2158

9月4日(火)
今日ご紹介したのは、高松市多肥下町にある、見た目はレストラン?というようなおしゃれな3F建ての建物「Ra CHIC」。
女性の隠れ家的お店といえる場所です。
おいしい物が好き・きれいな物が好き全部取り入れたいという思いから作られたお店。
実は、1Fがヘアサロン 2Fがカフェ 3Fがブライダルサロンなんです。
女性の方には、1度は行ってみて欲しい場所です。

その中でも、2Fのカフェのスペースは、20人くらい入れる席になっているのですが、このスペースをこれから色々なことに使ってもらいたいとおっしゃっていました。
皆さんからの持ち込みのご提案にも答えていきたい!
相談に乗っていきますよ〜ということでしたので、仲間たちとイベントをしたいな〜と思っている人は、相談を持ちかけてみてはいかがでしょうか?
あと、「2ヶ月に1回くらいはカフェコンサートをしていきたいと考えてます。」ということでしたので、音楽やってるんだけど、いろんな人に聞いてもらう機会が無い!という人も問い合わせてみてはいかがでしょうか?


今回、特に注目したのはカフェ「Ra CHIC」ヘルシーランチ!
いただきました。全部で200キロカロリー。
ワカメヌードル・おにぎり・サラダ・スープに食後のドリンクが付いて750円です!
ワカメヌードルは自然食で、ヌードルと言ってもつなぎは使っていませんのでワカメそのものなんですよ。
しかもてんかす・なめこ・かいわれ・のり・大根が乗ってて、ぶっかけ風です。
スープもコショウが効いていてスパイシーでした。
カロリーが低いので、気にすることなくデザートも食べられますよね〜。
ランチには他にもサンドイッチとナシゴレンもあります。

デザートも、その日の気分によって焼かれた物が並びます。
ベイクドチーズケーキ・ゴマプリン・アーモンドタルトなど、いつ行っても違うメニューが楽しめそうです。

こちらのRa CHIC月曜日が定休日で、火曜日のデザートもお休みになります。
いろんなデザートを食べたい方は、火曜日ははずして行って欲しいと思います。

Ra CHIC場所は、高松市多肥下町レインボーロード沿いのパワーシティーのすぐ近くです。
ライブのことや、イベントの事などなど、もっと知りたいと思った方、まずは電話してみてください。
電話番号は、087−815−2288です。

とりあえずこの時期のみのデザート「桃のシフォン・桃のプリン」食べにいかなくっちゃ♪

9月3日(月)
和うるしの器展
現在丸亀市中津町の画廊寿美屋(うどん寿美屋横)で行われている和うるしの器展。
作家自ら山に入って、うるしの木から掻いた(採取した)和うるし。
その山の恵みである純粋な樹液を使った日常使いの椀やお箸など、小物類150点を展示し、希望の方には即売致します。


全国有数の漆器産地香川で、漆芸を学んだ若手作家のお2人。(右:松本さん・左:宮崎さん)実はご夫婦なんです。
この春に独立されて、善通寺に工房をオープンさせました。
技術一辺倒の香川県の中で、素材そのものである「うるしの樹液」と向き合おうと、「漆掻き」の技術も学び、今年は、地元の漆を知りたいということで四国で唯一の漆産地「徳島県山城町」で漆を採取中です。
宮崎さんの手は真っ黒。
生き物である漆は、採取したあとも変化しつづけるので、常に管理が必要なんですね。


今回の展示は、そんな漆の木がオブジェのように並ぶ漆林の写真などもパネルで展示してあります。
雰囲気も楽しみながら、生き生きとした漆の作品たちを見に、ぜひ足を運んでください。

詳しいお問い合わせは、宮崎佐和子さん携帯 070−5354−1293までどうぞ!


HOMEPAGE


Copyright(C)1998 FM KAGAWA, Inc. All Rights Reserved.