スタッフルーム 10月

10月28日(月)
パーツランドイワサキ 四輪バギー
ハンドルはバイクだけどバイクのようでバイクでない・・・
四つタイヤがついているけれど普通の車でもない・・・
それはなにかと申しますと、原付ミニカー「四輪バギー」!

車長1350cm・幅940cmととてもコンパクト(自転車2台分)。
車重が軽く(乾燥重量98`)のため押してもラクラク!
もちろん四輪のためバイクに比べて転倒しにくいのも特徴。

ブレーキは自転車と同じ。
オートマチックなのでアクセルとブレーキ操作だけで走れます。
二輪よりもタイヤが太いのでブレーキも良く効きますよ。
お話を伺ったのは、パーツランドイワサキのイワサキ社長。

「簡単で便利しかも楽しい」四輪バギーについて・・・

簡単=大体の操作は15分あれば覚えることが出来ます。
便利=公道も普通免許を持っていれば走ることが出来ます。
楽しい=ダート走行会なども要望があれば行います。


慣れてくれば、片輪走行やウイリーなども・・・
自賠責・任意保険は原付扱いとなります。
車両本体価格は、29万8千円!

パーツランドイワサキ
住所:高松市伏石町101−1
時間:11時〜20時 (日・祝は10時〜19時)
お休み:毎週火曜日
電話番号:087−865−6606
HP:http://www.p-iwasaki.co.jp

10月24日(木)
オカタニトシアキさん(イラストレーター)
今日は観音寺競輪と観音寺市のマスコットキャラクターとしておなじみの「銭形くん」の産みの親である、イラストレーターのオカタニトシアキさんに大注目!
「銭形くん」は平成9年、観音寺競輪のふるさとダービー観音寺開催にあわせて依頼されたキャラクター。
担当者に銭形平次のビデオ1本と「おかっぴきをよろしく」という一言をもらい、考えた末にできたのが、まずこんなキャラクター。

オカタニさん「自分の色を出すと、ちょっとアヤシイキャラになりました…」
その後、改良に改良をかさね、現在の銭形くんに。
いまではコスプレもしちゃいます。
しかし、ネタがシュールすぎてボツになったり、おやじギャグを言う設定のキャラなのに、なかなか似合うギャグが見つからない…などと、描く方もいろいろと大変。

今ではグッズも出来上がり、マスコットキャラクターとして定着してきた「銭形くん」。
これからもいろんなところで活躍する姿を見守りたいですね!

オカタニトシアキさんは現在、TJ Kagawa、パチンコアイゼンのフリーペーパーなどで活躍中。
競輪のフリーマガジン「ファンマガNo.2」にもインタビューが掲載されています。
そしてもっとオカタニさんを知りたい方は、公式HPへ!
*HPでは観音寺競輪のイラストネタも大募集中!
アドレス:http://www.h2.dion.ne.jp/~okp/


オカタニさんサイン会&銭形くんグッズ販売決定!
10月27日(日) 観音寺競輪開設52周年記念競輪開催中
場所 観音寺競輪場・場内東スタンド前にて
時間 10:00〜 銭形くんグッズ販売
13:00〜 オカタニトシアキさんサイン会
終了は16:00予定。
*ただし入場料50円が必要です。
オカタニトシアキさんから素敵なプレゼント!
銭形くん&オカタニさんサイン入り色紙を3名の方に。

@ 懐かしいおもちゃの銭形くん
A 魔法使いの銭形くん
B 世界一周たらいブネの銭形くん

○応募方法
あなたの住所、氏名、年齢、電話番号と、「何番の銭形くん色紙がほしい!」と書いてお送りください。
○応募先:club@fmkagawa.co.jp
募集は終了しました。

10月23日(水)
2003年のダイアリー&カレンダー
早くも2003年のダイアリー&カレンダーが登場。
オススメのものを高松ロフトさんにお聞きしてきました。

10月中旬から300種類以上ものダイアリーがならぶ高松ロフト。
ビニールカバーの素材から絵本のような装丁のものまで、さまざまです。
もちろん人気のキャラクターものも大集合。
ここ最近の傾向は、見開きでマンスリーとウィークリーの予定を書き込むページが一冊にまとまったもの。
さらにページのスミにはミシン目が入っていて、一週間が終わったらミシン目をちぎっていくというシステム。
中には一日一ページという日めくりタイプの贅沢なダイアリーも。
続いてこちらは2003年カレンダー。

シンプルなものからぬいぐるみカレンダーまでいろいろ揃います。
去年の人気カレンダーは「クラシックプーさんのぬいぐるみカレンダー」(¥980)。
クリスマスプレゼントとしてもよく売れたそうです。
蜜つぼの中に月ごとのカレンダーが入っているのがポイント。
今年も人気が出そうなぬいぐるみカレンダー。
コチラはロフトでしかお目にかかれない、ロフトオリジナルのぬいぐるみカレンダー。
「ミッキーマウス」と「くまのプーさん」があります。
そして、数あるカレンダーのなかで今年一番のオススメはコレ!

「スリムビューティ」
雑誌のようですが、開いてみると、上側に毎日できるエクササイズやマッサージがイラストつきで解説されています。
下側はマンスリーのカレンダーが。
一日の枠には食材のイラストとカロリーがかかれています。
365日365の食材を見て学んで、来年の12月31日にはキレイな体が出来上がる。
女性には嬉しいカレンダーです。

ご紹介いただいた2003年ダイアリー&2003年カレンダーは高松ロフトにて販売中!
場所:コトデン瓦町駅すぐ。高松天満屋8階
営業時間:10:00〜19:30
お問い合わせ先:(087)812-7735

10月22日(火)
ワーク&リラックス
ドイツのウィルクハーン社のワークスタイル家具と、デザイン性に優れたインテリアグッズの展示会が11月4日まで中村谷で行われています。
ウィルクハーン社のオフィス家具はモダンなデザインで、特にイスはオススメ!
人間の揺れに逆らわない抜群のすわり心地です。

ドイツの前首相・現首相が使っているイスもこのウィルクハーン社のもので、四国初上陸です。
一度座ってみてください。
そして腰痛に悩まされている方や、長時間座って仕事をする方は、この機会にイスを見直し見ては? 
このイスは、stitz(スティッツ)
ハーフシーティングチェアーと呼ばれる物で、美容室などで使用しているところもあります。
立つと座るという動作のちょうど中間の状態で人間の体を支え、腰掛けて行う作業の動作の範囲を広げ、かつ楽な姿勢で作業効率を高めることができるように設計されています。
そして、ハードな仕事や時間に追われるこの時代、そばに置いておくことで心癒され、デザイン的にもアート性の高いグッズ(おもちゃ)が大集合!
きっと手にとり子供心を呼び戻すリラックスしたひとときを過ごすことができます。

お話を伺ったウィルクハーン社の物井さん(左)と中村谷の赤沢さん(右)

ワーク&リラックス
開催期間:10月18日金曜日から11月4日月曜日(祝)まで
営業時間:月〜土 10時〜18時  日 11時〜18時
定休日:月曜日
会場:高松市美術館南 中村谷1F

10月21日(月)
北浜Alley art communication
この写真は「無限の果て」と言う作品・・・何に見えますか?答えは最後に。

ご紹介したのは、11月10日日曜日まで北浜alley周辺で行われている「北浜Alley art communication」今年で44回目を迎える「香川芸術フェスティバル2002」の参加行事として現在開催されています。
県内外の若手アマチュア作家による現代美術作品をオブジェ・平面作品・イスなど様々なジャンルにわたって約20点を展示しています。

イベント全体をプロデュースしているのが小笠原さん。
普段アートに触れる機会が無い方にも気軽に楽しんでいただけるような工夫をされているそうです。


お店につながる階段の壁に絵がかけられたり、駐車場の壁を利用してオブジェを飾ったり・・・
ずっとそこにあったかのように溶け込んでいます。

お話を伺った、ナガノユミさんの作品「Various Kinds of happiness」と「HEART」
そしてヤマベリアツシさんの作品「JAPAN SMILE」
他にも様々なジャンルの作品が並んでいます。
北浜Alley art communication
11月10日日曜日まで北浜alley周辺にて開催中。入場料無料
お問い合わせ 北浜alley 電話 087−862−7657

さて、冒頭の答えですが、私が放送の中で「ビックリハウス」と勝手に名前を付けてしまいました、不思議な部屋の中に入ると・・・
これが積み上げられていたのです。
そう「トイレットペーパー」
実際にあなたの目で見てみてください。
りめーく「YASIMA」オータムフェスティバル
庵治・牟礼・屋島周辺で11月2日3日の2日間楽しいイベントが盛りだくさんです。
スタジオにお迎えしたのは、実行委員会の石原さん。

ツーリズムスタンプラリー、屋島スタディーツアー、屋島クリーンハイキングの参加者を現在募集中です。
@ ツーリズムスタンプラリー 屋島の食・文化・歴史を楽しく気軽に発見できるスタンプラリー!
11月2日土曜日 午前9時から午後2時まで。スタートは城岬公園でゴールが屋島山頂
A 屋島スタディーツアー 野鳥観察や源平史跡の探索など、自然と歴史がたっぷりのプラン!
11月3日日曜日 午前9時から正午まで。場所は屋島山上周辺。
B 屋島クリーンハイキング 美しい屋島を残していくためのハイキング。
清掃しながら屋島山頂を目指します!
11月3日日曜日 午前9時から正午まで。場所は屋島。

当日の参加も受付ますので、詳しいことは・・・
オータムフェスティバル実行委員会事務局 電話 087−839−2416までどうぞ。

10月17日(木)
道の駅滝宮
道の駅滝宮から秋色の新作アイスが登場!
白は定番のバニラ、ピンクは産直のイチジクを使ったイチジクシャーベット、そしてラムネ色のアイスは…

なんと坂出沖の塩飽諸島でとれた塩「瀬讃の塩」を使ったアイス「サワーバニラ」!
「食塩(左)」と「瀬讃の塩(右)」を手のひらにのせて比べてみると、「瀬讃の塩」がかなり粒子が細かいことがわかります。
味も「瀬讃の塩」は優しく、ほんのり甘い。
塩だけで食べられます!

口の中に広がる味を、スタッフのみなさんが「この味、『サワー』よね!」と言ったことから「サワーバニラ」という名前がつきました。
口に入れたとたんキュッと引き締まるような感じのバニラ味で、食べた後にもう一口…と思ってしまうようなヤミツキ感が残ります。
これもおいしい「瀬讃の塩」のせい?!

〜道の駅滝宮〜
場所:国道32号線沿い。東側に見えてきます。
定休日:第1第3火曜日 
営業時間:8:30〜18:00
お問い合わせ先:(087)876-5016

10月16日(水)
パウダービーズクッション
最近話題のパウダービーズクッションが高松ロフトに大集合!
さっそく行ってきました!

ガイド&モデルは高松ロフトの山川さん。
「長いものには巻かれろ」状態。こんな使用法もあります。(笑)
パウダービーズクッションにこんなに種類があるって知ってました?
ボール型、ザブトン型、ロング筒型、クマ型…と形も様々。
色もビビッドカラーでオシャレ!
このワンちゃんもパウダービーズクッションです。
ラブラドール、そしてブルテリア。
「はー…落ち着くわぁ…」と口からポロリ。
コチラは特注のパウダービーズが入ったバルーンチェア―。
実際に座ってその気持ちよさを体験できます。

*パウダービーズとは?…直径0.5mmの発泡ポリエチレン。
流動的が高く、そのために気持ちよさが生まれる。

〜高松ロフト〜
「パウダービーズクッション特集コーナー『MOGUMOGUマーケット』」
期間:10月末日まで。
場所:高松天満屋8階。高松ロフト内エレベーター横特設コーナー。
営業時間:10:00〜19:30
お問い合わせ先:087-812-7735

10月9日(水)・10日(木)
香南アグリーム
今日は土の恵みを体中に感じられる新しい体験スポット「香南アグリーム」をご紹介いしました。
香川郡香南町の高松空港北隣にある「香南アグリーム」。
「農業の明るい未来」を意味する名前が付けられた敷地内には、温室、果樹園、市民農園、体験工房、展示販売室などがあります。
敷地内で収穫した農産物の加工、体験ができるあたらしい農業体験施設です。
左:非農家の方でも借りられる市民農園。
右:柿、りんご、ブルーベリー、栗などの果樹も。
敷地内に6棟ある温室ではピンクや黄色のスプレー菊が育てられていました。
開花まであと1週間!
左からレモングラス、レモンバーム、カモミール…ほかにもタイム、ミント、セージetc…。
ちなみにここの手作りソーセージにはセージ入り。ギャグも効いてます。
ハーブを使った体験教室は、リース作り、ポプリ作り、ハーブ料理、ハーブティーの入れ方教室など。
他にも「体験工房カモミール」ではソーセージ作り、うどん作り、郷土料理の教室も。
私もミント、レモンバーム、レモングラスを使った「フレッシュハーブティー」の作り方を教えていただきました!
スッキリとした柑橘系の香りとミントの香りが体中を駆け巡ります。
通常の体験教室ではひとり500円でハーブティーに手作りパンが付きます。
ハーブ園、ハーブの体験教室を担当される橋本さん。
「ここでいろんな農業の楽しみを見つけてください!」

〜香南アグリーム〜
場所:香川郡香南町 香川県園芸総合センター隣
アクセス:空港通りを南へ進み、塩江方面と高松空港へ向かう道への分かれ道で、高松空港方向へ曲がり、しばらくすると左手に看板が見えてきます。
営業時間:9:00〜16:00
定休日:水曜日
お問い合わせ先:(087)879-8741
*体験コースをご希望の方は3日前までにご予約を!!

10月3日(木)
私の街のケーキ屋さん
今日は9月に高松三越の地下食料品売り場に登場した、「私の街の洋菓子屋さん」に大注目!
ここは日替わりで県内の7つのケーキ屋さんが出店するという嬉しいお店。
さらに10月からは月替わりのテーマに基づくケーキが登場するということで、10月1日(火)に行ってきました!

毎週火曜日は高松市仏生山町の「手作り焼き菓子とケーキのお店 ひぐち」さんが出店。
タルトのような焼き菓子から、色とりどりのフルーツがたくさん使われた季節の果物ロールまで。
あれもこれも…と、迷うお客さん続出です。

10月のテーマは「芋」。
「手作り焼き菓子とケーキのお店 ひぐち」さんの「芋」のお菓子は、「秋栗芋」と書いて「シュークリーモ」。(シュークリーム?)
ムラサキ芋のクリームでまるごと一粒の栗の甘露煮を包んだものをはさんだシュークリーム。
なかからは栗とともにスポンジケーキ、カスタードクリーム、生クリームも登場!
なのにくどくないスッキリした甘さ控えめの「シュークリーモ」でした。

担当日にはケーキだけではなく、スタッフもそのお店からやってきます。
オススメのケーキやオススメの食べ方を聞いてみましょう!

〜10月のテーマ「芋」のオリジナルお菓子!〜
  月曜日:木太町 ハイジ/「釜だしポテト」
 火曜日:仏生山 手作り焼き菓子とケーキのお店ひぐち/「秋栗芋(シュークリーモ)」
  水曜日:松縄町 サンファソン/「限定鳴門金時芋のカスタードパイシュー」
  木曜日:満濃町 Kagetsudo/「アップルポテトパイ」
  金曜日:西内町 マシェリ・イワクラ/「なると金時のタルト」
  土曜日:善通寺市 パティスリーしょうげつどう/「おさつロール」
  日曜日:鹿角町 菓子工房ルーヴ/「プチポテト」

なお11月のテーマは「柿」! こちらも楽しみです!

「私の街の洋菓子屋さん」
場所:高松三越 本館地下1階(エスカレーターをおりてスグ)
営業時間:10:00〜19:00
お問い合わせ:(代表)087-851-5151

10月2日(水)
直島アート体験ツアー
今日は、「芸術の秋」を満喫できるワンデイツアー『直島アート体験ツアー』をご紹介しました。
昨年から瀬戸内の島での様々なツアーを行ってきたサンポート財団さんがこの秋におこなうものですが、アートツアーをくんだのは初めて。

その内容は、いま海外からも注目されている「家プロジェクト」、「直島コンテンポラリーアートミュージアム」の見学、フラワーパフォーマンス、クリスマスリース作り教室、直島散策タイム…など、一日かけて直島の歴史、文化、アート、自然を体中に吸収できるツアーになっています。

サンポート財団・松井さんのオススメはなんと言っても、直島の古い民家をアーティストが作品に仕立て上げた「家プロジェクト」と、学芸員のかたの解説付きで楽しめる「直島コンテンポラリーアートミュージアム」。
このツアーではアートが苦手…というかたでもきっと楽しめると思います!

「直島アート体験ツアー」
日時:11月3日(文化の日)9:00〜18:10
募集対象:小学生以上(中学生以上のお子さんは保護者の同伴が必要です)
参加料金:大人3000円 中学生以下2000円
(往復フェリー代、バス、昼食、ミュージアム入館料含む)
申込方法:往復はがきにて受付
締め切り:10月16日(水)消印有効
お問い合わせ先:サンポート財団(087)826-2555
HPにも詳しく掲載されています! → www.sunport.or.jp

10月1日(火)
EN・CEANTE遊衣
大人のための隠れ家的存在という言葉がぴったりな和とアジアのお店。
中2階から覗くと1階はこんな眺め
80年前から200年前のものを取り揃えた中国アンティーク家具は、オーナー自らが中国に渡って探し出して来たものだけあって状態も良く、希少価値も高いものなのにリーズナブル。
オーダー物なども、中国の提携工場で作るのでお手ごろ価格ですよ。
花瓶・カップ・食器など地元の作家さん達の作品が並ぶ器のコーナー。
手の温かみを感じる作品ばかりです。プレゼントにも喜ばれそう。
そして、手作りケーキや中国茶、ビール、ワインが楽しめるカフェ。
テーブル、カウンターと、お店の外のスペースにはペット連れで利用できるアウトドアカフェも併設しています。
店内には色とりどりの花が・・・今後は、フラワーアレンジメントの教室なども完全予約制で行っていく予定で、普段の生活のスパイスとなるスペースの使い方を検討しているそう。
緑がいっぱいのアンシャンテのカフェガーデン!本を手にゆったりくつろいでいる人も・・・
通りから見えているのは2Fのブティックで、この下にカフェと雑貨のスペースがあるのです。
お話を伺った藤田さん。
主にカフェと中国アンティーク家具担当だそうですが、話を聞いているとその魅力にどんどんと引き込まれていきます。(何とバスプロ!)
男性の方が1人で出かけても大丈夫そう・・・

EN・CEANTE遊衣
住所 綾歌郡宇多津町1609−1
電話0877−41−0078
時間 午前11時から午後7時
休み 毎週火曜日


HOMEPAGE


Copyright(C)1998 FM KAGAWA, Inc. All Rights Reserved.