スタッフルーム 12月

12月26日(水)
高松にマリメッコ期間限定ショップが登場!
東京・大阪で人気のテキスタイル・ブランド「マリメッコ」の限定ショップが、高松天満屋9階のサーパスの森で開催中の「北欧インテリアフェア」内に登場しました。
エスカレーターで行くと、マリメッコのテキスタイルでコーディネイトされた木々が迎えてくれます。
♪まるでクリスマスの聖歌隊のよう♪
マリメッコは、1951年に発足したフィンランドのテキスタイル(布地)ブランド。
自然をモチーフに、大胆でおおらかなデザインがほとんど。
よって、布のデザイナーもたくさんいます。
会場ではテキスタイルも50cmから販売中。
こちらは会場で一番人気のシリーズ「ウニッコ」。フィンランドの言葉で「けしの花」という意味。
レッド、ブラウン、ブラック、イエロー、グリーン…いろんな柄があります。
会場では、マリメッコのテキスタイルを使ったインテリアコーディネイトもされています。
このテキスタイルデザインを元に作られたグッズが店内に並びます。
こんなにマリメッコグッズが揃ったのは、日本で初めて。
今回の北欧インテリアフェア&マリメッコ期間限定ショップをプロデュ−スするアーバンハウスの本間さん。(左)
「マリメッコで冬のお部屋を明るくしましょう!
アドバイスもしますよ♪」

〜マリメッコ期間限定ショップ〜
期間:現在開催中〜来年3月12日
場所:高松天満屋「サーパスの森」内
定休日・営業時間:高松天満屋と同じ。


カッシーの「アイツに一目惚れ!」
このシロクマと目が合ったが最後、つれて帰らないわけにはいかなくなっちゃいました。
マリメッコ今年のクリスマス限定テキスタイル。
さっそくタペストリーにするべく、このテキスタイルを購入。
お部屋もこれで賑やかに!?

12月19日(木)
クリスマスケーキ対決!in CUOCASHOP高松
月・火担当の筒井智子と、水・木担当の柏原里砂が今回は手作りケーキで対決!
勝負の舞台は高松市木太町にあるクオカショップ高松。
こだわりの製菓材料を使って、それぞれが考えたオリジナルのクリスマスケーキを作ります。
その模様は、火曜日・水曜日の番組内で紹介しますのでお聞きのがしなく!

ここまでのいきさつ…
つつとも&カッシーがタウン誌を眺めていた時目に飛び込んできたのがクリスマスケーキ。
それぞれの食べたいクリスマスケーキを絵に描いたところ、「一六タルト?」「コレがツリー?羊?」という小学生レベルの罵りあいに…そんな時つつともの脳裏に”冷たいデザート対決”でリベンジを誓ったあの日のことが浮かび上がる。
2人の間に散る熱い火花!今回の勝者は?
それをきめるのはあなたです。

ここまでの情報は・・・こちらで。

判定人はフライデーカウントダウンフリークでおなじみ、井川達雄アナです。
判定人には、どっちを誰が作ったか、明かさずに判定してもらいます。
イカワ「あんまり期待してないから」
ツツトモカッシー「えー!!!」
●ビジュアル判定!

イカワ「みてビックリしたのはツンツンしたドリアンみたいな方。現代アートみたいやん。ブッシュ・ド・ノエルもメルヘンで可愛いけど、見たことあるから、ビジュアルではドリアン(仮名)かな。」
●味判定!!

イカワ「んー。ブッシュ・ド・ノエルは生クリームとキャラメルの相性もよくておいしい!とても上品。ドリアン(仮名)は、思ったよりさっぱり。クリームが多いからこってりかなと思ったら、フルーツのおかげでさっぱりしてます。おいしい!」
●総合判定は…!!!
ツツトモカッシー「…で、総合評価での判定は!!!???」
イカワ「判定は…トータルではブッシュ・ド・ノエル! キャラメルの濃厚さがビビッと来たから!」
ツツトモ「ヤッター!」
カッシー「キー!くやしー!」
勝者ツツトモ「森のサンタの贈りもの」
カッシー「…でもツツトモのロールケーキを巻く腕は確かやった!悔しいけど味もおいしい!認めるよ! でもこれでお互い一勝一敗。今度はバレンタインに勝負や!」

ツツトモ「よし!じゃあ今度はチョコレートで勝負!」
 
今回の対決にはリスナーの皆さんにも投票いただきました。
たくさんの方のご参加、ありがとうございました。
●リスナー投票の結果は…

カッシー 「メリーさんのひつじと栗スマスツリー」!!
※クオカ・アニバサリオTシャツ当選者は、発送をもって発表に変えさせていただきます。
●対決で使用した材料、道具、キッチン(普段は貸し出ししていません)はクオカショップ高松に提供いただきました

〜クオカショップ高松〜
場所:高松市木太町
アクセス:レインボーロード、スポーツデポの交差点から東へ300メートル。
お問い合わせ先:フリーダイヤル(0120)86ー3639
HPでは製菓材料、道具の通販も行っています。
「CUOCA」HPアドレス→http://www.cuoca.com/

12月18日(水)
クリスマスケーキ対決!in CUOCASHOP高松
柏原里砂
『メリーさんのひつじと栗スマスツリー』
今日はカッシー考案のクリスマスケーキ「メリーさんのひつじとクリスマスツリー」ができるまでをお送りしました!
材料はココアスポンジケーキ(丸型)、生クリーム、チョコシロップ、キウイ、オレンジ、イチゴ、栗の甘露煮、アーモンド&アーモンドスライス、ミントの葉etc…。
まずは土台となる「ドーム型のケーキつくり」

ココアスポンジケーキを短冊形に切り、シロップを染み込ませます。
それを18センチのボウルに敷き詰めます。
スポンジケーキを三角形に切ると、ボウルの曲線にぴったり敷きつめることが出来ます。

※クオカのスタッフさんが焼いてくださったスポンジケーキはシフォンケーキのようにフワフワ!
「特宝笠」という粒子の細かい小麦粉を使っているそう。でも通常の小麦粉とそんなに値段は変わらないんです。クオカでも大人気の製菓用小麦粉。
敷き詰め完了!
つづいてチョコシロップと生クリームを混ぜて作った「チョコクリーム」と栗の甘露煮の角切りを混ぜたものを中に入れます。

カッシー『味見してるのは誰や〜!!』
ツツトモ『栗とチョコのハーモニーがおいしー♪』
さらにココアスポンジをかぶせ、今度は普通の生クリームとマリネしたオレンジ、キウイ、イチゴを挟みます。
写真だと「肉」のようにも見えますが、ココアスポンジです(笑)。
底部分となるスポンジをかぶせ土台完成! 冷蔵庫に入れて安定させます。
※生クリームは乳脂肪分40%以上の贅沢なもの。
専門店にしかありませんが、クオカでも手に入ります♪
いよいよポイントとなる土台の出来上がりを確かめる時。
ドキドキしながら「1,2,3!…きゃー!できたー!」
「いよいよデコレーションです!」
ケーキに7分立ての生クリームを塗って、上からパレットナイフの先を使ってクリームのツンツンを作ります。
これでツリーに見える?
その上から飾りのミントの葉、イチゴ、アーモンドスライスをつけて…
最後にひつじの「目」となるアーモンドを2個くっつけて…
「やったぁー!できあがり!」
絵と同じ作品が出来て感動! でも味はわかりませ〜ん(笑)。
明日の判定をお楽しみに!
●みなさんもツツトモ、カッシー、どっちのケーキが食べたいか、投票してください!締め切りはいよいよ今夜0時!!

●対決で使用した材料、道具、キッチン(普段は貸し出ししていません)はクオカショップ高松に提供いただきました。

〜クオカショップ高松〜
場所:高松市木太町
アクセス:レインボーロード、スポーツデポの交差点から東へ300メートル。
お問い合わせ先:フリーダイヤル(0120)86ー3639
HPでは製菓材料、道具の通販も行っています。
「CUOCA」HPアドレス→http://www.cuoca.com/

12月17日(火)
クリスマスケーキ対決!in CUOCASHOP高松
筒井智子
タイトル「森のサンタからのPRESENT」
憧れのクオカのキッチンでクリスマスケーキ対決!
材料はクオカこだわりの物ばかり…スポンジとキャラメルクリームはスタッフの方が作ってくれました。
スポンジにシロップを塗っていく。
スポンジのフンワリ感を消さないように、ハケをポンポンとたたくように動かします。
キャラメルクリームをスポンジに塗り広げていき、その上にローストしたくるみを乗せ、キャラメルソースを網目状に振ります。
ロールケーキを巻く時のポイントは、”最初は硬く最後はふんわり”ロールケーキの下に敷いた紙を上手に使って、巻き寿司のようにくるくると…
巻き終わったらキャラメルクリームを塗ります。
底のほうもしっかりと…
三谷さんのアドバイスでキャラメルクリームの上に色の濃いキャラメルクリームを乗せて白樺風になりました。
皮付きスライスアーモンドを敷き、サンタとクマちゃんとナッツを乗せて出来上がり!

12月16日(月)
クリスマスケーキ対決!in CUOCASHOP高松
月・火担当の筒井智子と、水・木担当の柏原里砂が今回は手作りケーキで対決!
勝負の舞台は高松市木太町にあるクオカショップ高松。
こだわりの製菓材料を使って、それぞれが考えたオリジナルのクリスマスケーキを作ります。
その模様は、火曜日・水曜日の番組内で紹介しますのでお聞きのがしなく!

更に今回は、リスナーの皆さんからこの対決のジャッジをしていただきます。
「どちらのクリスマスケーキを食べてみたいか」はっきり書いて、こちらまで投票してください。
投票してくれた方の中から5名の方にクオカショップ高松からプレゼントがありますのであなたの本名、住所、年齢、電話番号をお忘れなく。


ここまでのいきさつ…
つつとも&カッシーがタウン誌を眺めていた時目に飛び込んできたのがクリスマスケーキ。
それぞれの食べたいクリスマスケーキを絵に描いたところ、「一六タルト?」「コレがツリー?羊?」という小学生レベルの罵りあいに…そんな時つつともの脳裏に”冷たいデザート対決”でリベンジを誓ったあの日のことが浮かび上がる。
2人の間に散る熱い火花!今回の勝者は?
それをきめるのはあなたです。

描いた絵はこちら!
筒井智子
タイトル「森のサンタからのPRESENT」
森のクマちゃんと一緒に住んでいるサンタクロースが、こども達にプレゼントを届けに行こうとしている場面を表現。
ナッツの香ばしさとほろ苦いキャラメルクリームが混ざり合うちょっぴり大人のクリスマスケーキです。
柏原里砂
『メリーさんのひつじと栗スマスツリー』
パッと見ると「ホワイトクリスマスツリー」。
でもよーく見ると、アーモンドの目を持つ「羊」さん。
「栗スマス」ということで、中には「栗」の入ったチョコクリームを。(笑)
「MERRY Xmas & HAPPY NEW YEAR」…ということで。
スポーツドーム宇多津

12月7日にオープンしたばかりのプレイスポット「スポーツドーム宇多津」
5人の巨人軍のピッチャーと対戦できるバーチャルバッティングを体験してきました。



1コイン(300円)でバーチャルバッティング・ピッチング・バスケットボール・サッカー・テニス・パワーヒッターを楽しむ事が出来ます。
その中でもオススメなのがバーチャルバッティングとパワーヒッター!
バーチャルバッティングは、80キロから140キロまでの4つの速度から選択でき、変化球もあります。
もちろんスタジアムにいるような臨場感を味わいながら、巨人のエースと対戦出来ますので、ぜひあなたも出かけてみてください。
そしてパワーヒッターでは打球の速度を計測することが出来ます。
スポーツドーム宇多津ならではのゲームですので、ぜひ試してみて下さい。

スポーツドーム
場所 宇多津ビブレ東側
電話 0877−41−9660
営業時間 10時〜25時
年中無休

12月11日(水)
軌保博光改め「てんつくマン」香川上陸!
TJKagawaでの連載や、路上詩人として筆でのパフォーマンスを行っていることでおなじみの軌保博光さんが12/7(土)サンメッセ香川の「じんけんフェスタ」にやってきました!
会場では多くの人に囲まれての書き下ろしパフォーマンスも。
これが「てんつくマン(*花は部屋にあったもの)」の通常スタイル。
軌保さんが作ろうとしている映画「107+1〜天国はつくるもの〜」の「天国を作る男」として11月15日に生まれた「てんつくマン」。
『今、映画をつくるなら、俺はドキュメンタリー映画がベストだ!と思った。地域の問題を地域の人と解決するドキュメンタリー映画を撮ることを決意し、どうせやるならはでやかな方がいい!ということでこのスタイルになった。』
ちなみに11月15日は軌保さんが尊敬する坂本竜馬の誕生日であり、亡くなった日。

●映画「107+1〜天国はつくるもの〜」とは?
地域が抱える多くの問題・環境、教育、政治、病気など、元気のない日本を、もっと素敵にかっこよく、世界に誇れる日本をつくるため、地域のヒトと一緒に問題点に取り組んで、その様子を映画にしていきます。

●この映画の第一段の舞台となるのは…「沖縄」。
来年から4回目の日本一周をスタートし、映画を撮るとのことですが、その第一弾となるのが「沖縄」。
サンゴや森の問題を地域の人達と考えていく様子は映画でも見られるはず。
100メートルのいかだで沖縄から鹿児島に渡るという野望も! 

● 彼の活動に参加したいという方や、彼の行動を見守りたいという方は…
てんつくマンのHPをご覧下さい!!
てんつくマン「107+1〜天国はつくるもの〜」HP→ http://teamb.toolbox.co.jp/

12月9日(月)
こんぴら温泉華の湯「紅梅亭」
パワフルラジオの中村千秋さんとともに出かけたこんぴら温泉華の湯「紅梅亭」。
この時期のオススメ”食”情報については、パワフルラジオの取材日記をご覧下さい。
JOY−U・CLUBでは、温泉にスポットを当ててご紹介しましょう。

まず、10月にオープンした紅梅亭ガーデン「花テラス」では、紅梅亭の庭園に花いっぱいの庭園露天風呂や大浴場、足湯が楽しめます。
外湯感覚で天然温泉を満喫していただけます。
四季折々の花が30種類ほど楽しめる花テラス。
奥に見えるのが「湯上り処一休み」
足湯の中には石が埋め込んであり、足裏マッサージもできます。
空気は冷たいけれど体がポカポカしてきます。何時間でも入ることが出来そうです。
花テラスのなかにあり、男風呂・女風呂が日替わりで交代する「そよかぜ」と「うきぐも」。
大浴場と露天風呂があります。石風呂と檜風呂…1泊2日だと両方楽しめます。
地下1Fのお風呂では、女風呂のみですが「バラ風呂」もあります。
優雅なひとときを楽しめるでしょう。
そして、紅梅亭の8Fには、紅梅亭リラックスフロア「花クラブ」があり、天然温泉の露天風呂付き客室が6室と、優先的に貸しきり露天風呂が無料でご利用いただける客室が6室あります。
さらに全室マッサージチェアー付き!
ワンランク上のくつろぎをあなたに…

入浴とショッピングが楽しめる日帰りとくとくチケットは、こんぴらの湯入浴と、レストランでのお食事や売店でのショッピングなどがセットになった大変お得なチケットが日帰りとくとくチケットもあります。
お問い合わせは、0877−75−1111です。

FM香川からのクリスマスプレゼント
この紅梅亭 ペア宿泊券 1泊2食付きをペア1組の方にプレゼントします。
応募はこちらまで club@fmkagawa.co.jp
締め切りは12月13日(金)必着です。
募集は終了しました。
トモッチのおまけコーナー
花テラスの脱衣所で見つけた金粉入りボディーローション。ゴージャス!
これで女に磨きをかけて!

12月5日(木)
金時みかん
「コタツにはおいしいみかん!」という方は大注目!
この日は地元で手に入るあま〜いみかんを探してきました。
その名は「金時みかん」。

ならべると色の違いが一目瞭然。
左が「金時みかん」右が「ふつうの早生みかん」。

20年前ほどのある日、早生みかんの木の一本の枝にまっ赤な皮のみかんが出来た。
それが「金時みかん」の始まりでした。

発見したのは(左)みかん農園の小原幸晴さん。
そして協力して小原紅早生を広めてきたJA松山支店の大和静雄さん。
左が宮川早生みかん、右の色の濃いみかんは「小原紅早生(通称:金時みかん)」。
これが一番最初に発見した木です。
小原さんにこの木の小原紅早生をいただきました!
五色台にひろがる「小原紅早生」のみかん畑。
今では枝分けして120戸の農家が作っている。
出荷の時期はちょうど今頃。

糖度が普通のみかんより2度〜3度ほど高く、今年は特に雨量が少ないため、糖度13以上のものがでている。
ただしほとんどが贈答用なので、どうしても食べたいという方は、坂出市林田小学校前のAコープで現在袋売りをしています。
10個ほどで350円〜販売中です。12月中に足を運んでくださいね。

お問い合わせ先:Aコープ(0877)47-0337

12月4日(水)
金時三昧プリン
坂出市の新名物「三金時」を使った「金時三昧プリン」が登場!
詳しく坂出商工会議所の吉田さんにお聞きしました。

「『坂出三金時』とは平成10年から商工会議所が提示してきた坂出の新名物。
金時さつまいも、金時人参、金時みかんのことです。
坂出市の新しいイメージカラー『赤』と同じ坂出の『赤い3つの名産』を集めて名づけられました。」
コチラは坂出三金時のキャラクター、「金時きんちゃん」
額の赤い勾玉は太陽の光。太陽の恵みを受けている…というイメージ。
これが「金時三昧プリン」。
今年の夏に初お披露目されました。
市民のみなさんのアンケートにより、最終的な味や大きさも決定。
特に金時人参プリンは、人参独特の匂いがなく、人参嫌いのヒトでも食べやすい。
1個70円、3個230円。
現在「金時三昧プリン」はJR坂出駅構内の坂出観光商工会、坂出市内のかまど、空港などで販売中とのことです。

お問い合わせ:坂出観光案内所(0877)45-1112


HOMEPAGE


Copyright(C)1998 FM KAGAWA, Inc. All Rights Reserved.