スタッフルーム 3月

3月26日(木)
「ヴォルフガング・ライプ展」in丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
日本では東京と丸亀の2箇所だけでの貴重な巡回展「ヴォルフガング・ライプ展」がやってきました!

●ヴォルフガング・ライプとは…
ドイツの現代アーティスト。
もともと医学を学び、医学博士号も取得。しかし、医学が人間の本質を補えるものではないと確信し、そのままアーティストへと転向。

彼の作品の特徴は素材が「生命の循環をつくるもの」であること。
「米」「牛乳」「花粉」「蜜蝋」…すべて人間やミツバチ、花が生き、生命を作るのに必要なもの。

蜜蝋で作られた「ジグラット」。
蜜蝋はミツバチの巣の素材。
一匹のミツバチが一生働いてスプーン一杯しか採れない貴重な素材。

「マツの花粉」
ライプさん本人が茶漉しのようなもので床にふりかけて作ったもの。
その部分に光が当たっているようにも見える。

そして今回の目玉が「ミルクストーン」という作品。
これは大理石の板に牛乳を注いで作るもの。
無機物の大理石と有機物の牛乳がひとつになる一瞬を表すものとして作られた。


〜ミルクストーンのできるまで〜
牛乳を注ぐ。
牛乳の表面張力を利用してつくるため、さらさらなローファットの牛乳は使用しない。
指でゆっくりふちに行き渡らせる。
繰り返し牛乳をそそいで全面に行き渡らせて出来上がり。
近づくとキラキラと輝く表面に驚く。

*毎日開館(午前10時)と同時にミルクストーンができる様子をみられます。

〜ヴォルフガング・ライプ展〜
場所:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
開館時間:10:00〜18:00(会期中は無休)
お問い合わせ:(0877)24-7755

3月25日(火)
ミッドセンチュリーモダンコレクション
お話を伺ったのは中村谷の赤沢さん。1010001
1950年頃から70年代ミッドセンチュリーと言われる時代の名作椅子や照明器具、小物などを集めた展示会が3月30日まで、鍛冶屋町の中村谷で行われています。
今、ファッションでも家具のデザインでも、50年代から70年代のかつての名作や名品をもう一度見直し、再制作したり再生産し新しい価値をもたせる傾向があります。
音楽もそんな傾向ありますよね…かつてのよき時代の生き方を反映させたいという願望のある人々と、全くその時代を知らない若者達が感じる新鮮さとが一致した結果かもしれません
ぜひ皆さんに見ていただきたいのは、イームズのラウンジチェアーとブリオンヴェガのTV。
名作と呼ばれるデザインにぜひ触れてみてください。

中村谷1Fショールーム
高松市鍛冶屋町1-10
電話:087−851−2232
<内容>
イームズのラウンジチェア、サーリネンのチューリップチェアなどのチェア5点。
時計やタペストリー、カトラリーなどの小物約40点。照明約10点。その他懐かしいデザインのテレビなども展示。

3月18日(火)
「香川の漆器と六畳の家具」展
高松市の丸亀町レッツ2Fで、3月15日土曜日からスタートした「香川の漆器と六畳の家具」展。
お話を伺ったのは、香川県デザイン協会事務局の久保さんです。

今年の2月に東京のAXISギャラリーで開催した「六畳の家具」展part2に伝統的工芸品の指定を受けた香川漆器五技法などの漆器の展示を加え、より香川らしい「ふだん使いの漆器」や新しい家具を提案します。
普段も使えるデザインの漆器なのに、押入れの中で大切に保管しているという方は、お手入れ方法についてのアドバイスもしてくれますので、気軽に出かけてみてください。
お手入れの実演は、19日水曜日午後2時からと4時からの2回行われます。

六畳の家具の中でも人気ナンバーワンは、こちらの座・和イス(ザ・ナゴミイス)と、宴・和テーブル(ウタゲ・ナゴミテーブル)我が家において主の居場所を示すくつろぎの家具。
テーブルにはワイングラスとボトルが置けます。
半畳ほどの空間ですが、居心地のいい場所になりそう。
子供用の六畳の家具「六畳KIDS」も登場!
マッシュルームスツールは、ひっくり返すとグラグラ・クルクル楽しく遊べます。
脚部を持って座ったり腹ばいになったり。
普段はあまり使われない県産のどんぐりの木を使った大人にとっても楽しいスツールです。
他にも、フランスローヌアルプデザインセンター所属若手フランス人デザイナー達の考える「六畳の家具」なども展示中。
「コンパクトで機能的」さらに日本人には無い発想を持った六畳の家具にも注目です!


−香川の漆器と六畳の家具展−
高松市丸亀町レッツ2F
開催期間:3月15日土曜日〜23日日曜日
時間:午前10時〜午後6時(最終日は午後5時まで)
前回も好評だった木のペン立てや、今回の展示会のために制作した素敵な漆のパンフレットのプレゼントもありますよ。
*3月22日・23日には、玉藻公園の披雲閣で第20回香川の漆器まつりも開催されます。

3月13日(木)
紙コップアーティストLOCO
今日は、紙コップアーティストLOCOさんのインタビューをお送りしました。

「どもども、LOCOでぇーす!」

イタズラ好きが顔ににじみ出ている(笑)LOCOさん。
コップを使った数々のインスタレーションも、ちょっとしたイタズラ心からひらめいたことが多かったとか。

紙コップは、LOCOさんに言わせると「コミュニケーション・ツール」。
コップによって知らない人との壁を取り払い、コミュニケーションの糸を張り巡らせることができるとLOCOさんは言います。
現在は国内にて紙コップで1000人との糸電話をしたり、コップ眼鏡のパフォーマンス、コップ人間のパフォーマンスを行い、コミュニケーションの輪を広げています。

●3月8日9日はLOCOさんのワークショップが高松市美術館で行われました。一般者がコップ人間になるワークショップです。

*カッシー&棚原まどかアナ(from ウィークエンドシャトル)も張り切って参加!

一個のプラスチックコップが…
蜂の巣のようにくっついて…
球体になる!
その後、コップ人間になり、美術館の中を徘徊!
他のお客様にも「それは何でできてるの?」と声をかけられ、普通の格好なら話をすることもない人とのコミュニケーションが私にもありました。

●LOCOさんの今後の活動は…
「糸電話を作って学校の中に張り巡らせ、一人一人が糸電話の一つ一つのようにお互いを支えあい、一人一人が大切な人なんだというのを伝えていきたいですね。」

*詳しくは紙コップアーティストLOCOさんオフィシャルHPを覗いてみてください。
アドレスはhttp://www.sa.il24.net/~loco/

ゲスト:melody
3月13日(木)、ジョイユークラブに先月のプライムチューンアーティスト「melody」が遊びに来てくれました。
オアフ島ホノルルに生まれ、セリーヌディオンの美しい声に憧れながら日本でスターになることを目指していた彼女は、先月19日、「Dreamin' Away」で念願の日本デビューを果たしました。
日本には1年前から住み始め、四国は初めてじゃないそうですが…
「香川の雰囲気はハワイののんびりした雰囲気に似てるから、落ち着くね。さぬきうどんは本当においしかったよ! アフ・イホ〜(ハワイ語で『また会う日まで』)!」と嬉しい一言。
夏前にリリースされる次のシングルもお楽しみに!

3月6日(木)
食卓の上でベトナム旅行!
今日は2月にオープンしたばかりのベトナムカフェをご紹介しました。
お店の名前は「モンモンカフェ」。
ベトナム語で「みずみずしいカフェ」という意味。
黒板には「生春巻」「バインセオ」など、ベトナム料理の名前がズラリ。
目にも優しい自然素材のテーブルや階段。
お店に入るだけで「ほっ」とします。
店内にはベトナムを思わせる繊細なガラス細工もちらほら。
オーナーの谷本智哉さん(左)は、現地の料理学校を卒業し、レストランで腕を振るっていたといいます。
その際にベトナム人のリンさん(右)と出会い、結婚。
そしてこのカフェをオープンしました。
〜〜本格ベトナムデザートに挑戦!〜〜
「チェー」(ベトナムのぜんざい)
白玉、ココナツミルク、あんこ、タピオカ、フルーツが入ってまろやかな甘さ。
これにかき氷が入った「チェータプカム」も。
「練乳入りのトマトジュース」
見た目はイチゴミルク…飲むとあま〜いミックスジュースのよう。
練乳が効いているせいか、トマトジュース嫌いのカシハラもこれはごくごくと飲めました!
ベトナムではコーヒーに始まり、紅茶、お茶、ジュースに練乳を入れることが多いとか。

ディナ−タイムにはベトナムならではのメニューを日本人向けにアレンジしたものが並びます。
ベトナム料理とベトナムの雰囲気を味わいたい方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!

〜モンモンカフェ〜
場所:高松市瓦町2-8-18
アクセス:フェリー通りから、菊地寛通りの一本北の道に入ってすぐ。
〜14:00ランチタイム
14:00〜17:00カフェタイム
17:00〜ディナータイム
いろんなベトナム料理が食べたい方はぜひディナータイムに。
お問い合わせ:(087)862-3492

3月5日(水)
「産直ミックス・ベジタブル」アイスクリーム
「冬は体の冷える野菜や果物を取りにくい!」
こんな悩みを解消してくれるアイスクリームが道の駅滝宮に登場しました。

それがこのアイス!

「産直ミックス・ベジタブル」アイスクリーム。


ほうれん草、チンゲンサイ、キャベツ、金時人参、金時いも、キウイ、ネーブル…といった産直に届く7つの野菜・果物で作られたアイス。
香りも味も野菜独特の臭みはいっさいありません。
味もミックスジュースのようにあま〜くやさしい味。

ネーブルの粒やキウイの種の食感も楽しめます。
同時に楽しめるのが綾上町の特産「もち麦」のアイス。
普通の麦よりも収穫が早い「もち麦」。
これにはったいこと押し麦を合わせ、懐かしい味になっています。

「産直ミックス・ベジタブルアイスクリ−ム」は3月8日土曜日にお目見え、「もち麦アイスクリーム」は現在発売中です。

〜道の駅滝宮〜
場所:国道32号線を琴平方面へ向かうと道ぞいに見えてきます。
滝宮天満宮のお隣です。


HOMEPAGE


Copyright(C)1998 FM KAGAWA, Inc. All Rights Reserved.