取材日記 2003年11月

11月28日(金)
【11月28日WeekendEdition・・今日の二人】
Y:「今日のテーマ、“酒”にまつわる雑学本ってゴマンとあるよな。」
K:「でしょ?実は私のデスクの上に並べてある中にも3冊もあるんですよ。」
Y:「ちなみに何冊くらい本並べてんの?」
K:「辞書5冊に歳時記3冊に雑学本9冊」
Y:「その雑学本のうちの3割が酒の本いうことやな。」
K:「多い?かしら・・・」

【格言シリーズ】
■ 神はこの世を6日間で創りたもうた。
   そして第7日目には二日酔いを与えたもうた。
    by R・キャパ
■ 酒がいちばんいいね。酒というのは人の顔を見ない。
   貧乏人も金持ちも同じように酔わせてくれるんだ。
    by 古今亭志ん生
■ 酒と女と歌を愛さぬ者は、生涯愚者である。 by ルター

11月27日(木)
■伝統の味を守る〜食の風土記〜■
引田町の古い町並みの中にひときわ目を引く赤い漆喰壁のたたずまい。
そこは、創業240余年の歴史を今に伝える「しょうゆのかめびし屋」。
しょうゆ業界でも機械化がすすむなか、かたくなに昔ながらの製法「むしろ麹製法」製法を守っています。
気の遠くなるような時間と手間をかけるこの作り方を採用しているのは全国でもここかめびしだけ。
古いものを守るだけでなく、新しいことにも挑戦しています。
しょうゆのアイスクリームを作ったり、うどん屋さんをオープンしたり。
まさに温故知新。
今回は、うどん店かめびし屋で、食のイベントが開催されています。
題して「食の風土記」。
季節や、地元ならではの食材をつかった郷土料理の再現です。
料理をとおして引田の文化、歴史を感じてもらおうと、文献をひもとき、レシピを起こしたそうです。
メニューによっては、なかなか手に入りにくい食材もあったそうです。
期間は2ヶ月、隔週でごとに違ったメニューが登場します。
12月1日から7日までは、「白みそつき」。
毎年12月の始めになると各家庭ではお正月の準備のために豆を7升つきあげ、お正月までに熟成させておいしい白味噌を作るのが習わしでした。
この時期おいしい根野菜がたっぷり入った味噌汁です。
あなたも伝統の味を体験してみませんか?
ご出演は、常務取締役17代目目指し修行中の田中佳苗さんでした。
うどん店かめびしは、もともと物置だった場所を改装し趣のあるお店に生まれ変わりました。
店内を見回すとあちらこちらにリサイクル品が。
椅子や机は、しょうゆ作りで欠かせない樽の再利用。
店内を見回して再利用品を見つけるのも楽しいですよ。

【うどん店かめびし】
東かがわ市引田2174
TEL:0879-33-2555

11月26日(水)
■お歳暮商戦はじまっています■
今年もお世話になったあの方に感謝の気持ちを贈りましょう。
県内でもお歳暮商戦がスタートしています。
三越高松店でも、18日から新館5階にギフトセンターがオープンし、連日多くのお客さんでにぎわっています。
三越が予想する、人気商品ナンバーワンは「ビール」。お中元ともども根強い人気です。
今年の売れ筋は、全国的なブームも手伝って「さぬきうどん」。
また、少家族構成を考慮した「個包シリーズ」。
商品も、時代を反映したものが加わっています。

三越のキーワードは「サイズ」「セレクト」「ネット」
食べきりサイズの個包シリーズ、先様が商品を選べる「セレクトギフト」、世界のネットワークで取り寄せた商品をインターネットから商品が注文できるなど商品やサービスも今年流。
また、ネットで食品成分などが検索できるシステムも確立し、アトピーなどで悩むご家庭にも安心して贈り物ができます。
三越のHPはこちらから
http://www.mitsukoshi.co.jp/

11月21日(金)
【786SUPER MEDIO WeekendEdition 11月21日の二人】
N:「スキーが縁で知り合った奥さんと知り合った」という方のメールで、人生を変えるような、出来事や趣味ってありますか?・・・という質問がきていますけど。先生は何かあります?」

U:「趣味が昂じて・・という意味では、筑波大学に入ったのはちゃんとしたバイク(2輪)のサークルがあったからなんですよ。それがなければ他の大学に行ってたかも。」

N:「徳大寺さんが成城大学で自動車部があったから・・・ってのと似てますね。」

U:「違うのは、徳大寺さんはそれが今の仕事に結び付いているけど、私はなかなか乗る暇もなくなったってことですね。」

N:「先生と“中年暴走族”ってイメージできませんねエ」

U:「なんで2輪というとすぐ“暴走族”にするんですかー!!」

11月20日(木)
■東芝HDD&CVDビデオレコーダーRD-Styleキャンペーン中!■
これからの時期、見逃せない年末番組が目白押し。
ドラマや映画にバラエティ、あれもコレも見たくなっちゃいます。
そんな欲張りさんのAVライフを充実させてくれる商品がコレ!
東芝HDD&DVDビデオレコーダーRD-StyleRD-XS41。
これなら最大約208時間もハードディスクに録画が可能。
さらに、RAM・R・RWの三種類のディスクが使えるすぐれものです。
そんな超便利なRD-Styleが今なら四国県内の家電販売店でキャンペーンを実施中。
11/30までのキャンペーン期間中にお買い上げの方は、もれなく「RD-Style」攻略本がもらえます。
さらに抽選で10人には、かっこいい、マウンテンバイクが当たるチャンスもあり!
あなたの近くのキャンペーン実施店や詳しいことは、こちらから!
http://www.fmkagawa.co.jp/rd/

11月19日(水)
■かがわキウイフェスティバル■
Kiwi大作戦@kagawa
〜新品種発表・幸せの黄色いキウイinMarugamemachi〜
ご出演は、香川の街づくりに取り組んでいる、「まちなかであそぼう会」代表の三橋さんでした。

今年もキウイのおいしい季節がやってきました。
そこでキウイが主役のイベントが開催されます。
香川は北半球で唯一、公の施設でキウイの品種改良に取り組んでいる場所。
現在、香緑、香粋、讃緑が香川のキウイ3兄弟として誕生しています。
これらは、それぞれ大きさ・形・味に特徴がありますが、香粋はまだ一部のデパートでの販売、讃緑についてはまだ市場に出回っていません。
そんな香川のキウイをもっと多くの人に知ってもらおうとイベントでは、3兄弟の他、キウイを使ったお菓子などが試食できます。
さらにキウイに関する○×クイズやビンゴゲームなども予定されています。
また、このたび、新品種が登場!
讃岐ゴールドといわれる新種の実は黄色く、大きいそうです。(大きさの目安はリンゴよりも一回り小さい程度。)
あなたも新種の黄色いキウイぜひご覧になってください。

日時 平成15年11月24日(月・祝)
場所 丸亀町レッツ
時間 10時30分〜16時30分

11月14日(金)
【11月14日の2人】
N:「日本語ってむずかしーい」
Y:「そんなん考えてたら明日から喋れんでしょ。」
N:「喋りが生業の私に向かってそんなプレッシャーかけるんですかア。」
Y:「いや、言葉も生き物やから必ずしも正しい使い方をしなくてもいいけど、中井さんくらいは踏ん張って知っておいてもらわんと、若い人に知識を継承できんでしょ。」
N:「お局のツトメ・・・ですか?」
Y:「エラそうにもの言う人は、それ以前に人よりものを知っておかなければいけません。」
N:「エラそうに」
Y:「ハッタリも向上心へリンクさせてるんです、僕は。」

【誤用・慣用】
読み方は時代によって変化しています・・・
本来は違っていたけれど、そういう読み方をする人がだんだん増えて、それで通るようになってしまったものを“慣用句”といいます。
★誤用の方が定着したか優勢なもの!?
設立:“せつりゅう”→“せつりつ”
出納:“しゅつのう”→“すいとう”
貪欲:“たんよく”→“どんよく”
蛇足:“しゃそく”→“だそく”
睡眠:“すいめん”→“すいみん”
消耗:“しょうこう”→“しょうもう”   ?????知っていても使えない?

11月13日(木)
■第1回全国オヤジサミットIN香川〜でてこい親父〜■
出演は栗林おやじ塾代表早谷川悟さんでした。

地域やPTAレベルで最近増えてきたお父さんの会。
これまではグループ単独での活動が主でしたが、今回全国のオヤジたちが一同に介します。
詳しいいないようはこちらから!

http://www.npo-wahaha.net/oyajiren/

11月12日(水)
■ゴーゴースイーツ発売中!■
ベストセラーになったゴーゴーカフェ、ゴーゴードライブに続くテーマは、「スウィーツ」。
香川県内の和洋菓子店およそ50店を紹介。
女性を中心に多くの人が関心のある「甘いもの」をテーマとした「食欲の秋」にぴったりの一冊です。
掲載されているお店は、お菓子好きならば誰でも知っている有名店から、近所の人のみぞ知る隠れた名店まで合計46店。
きっと「甘いもの好き」な人の心と食欲を揺さぶること間違いなし!
また、単なるお店のカタログとしてだけでなく、特集やコラムなど読みもの的な要素を多く取り入れ、愛蔵版・保存版の性格が強い長く愛される本となっています。

テーマは、「街のお菓子屋さんで聞いたあのスウィーツの真実」。
和洋菓子店には、その店の成り立ちにかかわる重要なメニューがあるはず。
それは、引き継がれていた歴史であったり、店を始めたパティシエの興味、関心であったり。
ゴーゴースウィーツでは、お店の人から「まず食べて欲しいメニュー」を聞き出し、そのお菓子屋さんのルーツに迫ります。

<ゴーゴースウィーツは、県内の主な書店、コンビニエンスストアなどで発売中>
発売元 KSB瀬戸内海放送
オールカラー128p
タテ210mm×ヨコ182mm
1050円(消費税込)
<プレゼント>
ゴーゴースウィーツを5人に!
ご希望の方は住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上こちらから。
件名には、「ゴーゴースウィーツ希望」と書いて送ってください。
番組へのメッセージなども添えてください。
medio@fmkagawa.co.jp

11月10日(月)
栗林公園ライトアップ
栗林公園では、恒例の夜のライトアップが、11/14(土)〜11/23(火)行われます。
桜と紅葉の頃に行われる栗林公園のライトアップも今年で3年目。
夜の公園は、昼間とは違った神秘的な表情を見せてくれます。
思わず足を止めて見上げる紅葉は、ため息が出るほど美しく彩美の世界へ誘います。

お問い合わせ   香川県観光振興課  087−832−3359
           栗林公園観光事務所 087−833−7420
香川県ホームページ  http://www.pref.kagawa.jp/

11月7日(金)
WEEKEND EDITION
【11月6日、漆原先生の新刊発売!】
完全版「冷却シート」でダイエット 漆原光徳著
小学館文庫  定価:本体476円+税
GAGA提供「KILL BILL」プレゼント
大ヒット公開中のKILL BILL 期間有効の鑑賞券をペアで更に、映画でよく出てくる捜査現場のローピングテープをお付けして5名様にプレゼント!

〆切は14日金曜日です、ふるってご応募ください。
学祭&スポレクレポート11月2日
我らが漆原先生ご担当のスポレク、「エアロビクス会場」に行ってきました。
外は小雨しとしとの1日でしたが、インドア種目なので支障なし。
全国からの参加者がそれぞれにイイ汗流してましたヨ。
四国学院大学の学祭3日目
この日はちょうど四国学院大学の学祭3日目
漆原先生や田尾さん等、カルチュラルマネジメント学科の出し物は「踊る!うどん天国」というおうどん屋さん。
陣中見舞に出かけていったら、都合よく2人ともいらっしゃいました!

テント看板の前で踊る?二人

K:「かまたま・・おご馳走サマでした!」

11月6日(木)
■クローズアップ■
出演は「EYES NEXT」の、倉本さん、豊原さん、横山さんでした。
サラダボウルのようにいろいろな具材がもりこまれたイベントが開催されます。
その名も「HOUSE BAUL」。
ジャンルも様々な6チームによる音楽、ヘアーショー、ダンスショー、各種アート展示、各種ブース企画など多彩な内容。
年齢も趣味も違う幅広い層の人に来ていただきたいとスタッフ。
会場も静と動の二つの空間に分けて展開されます。

<日時>11月14日(金)19時00分OPEN 19時30分START
<料金>前売り3000円、当日は男性3500円(フリーフード、1ドリンク付き)
<会場>THE CHELSEA
<チケットのお取り扱い>WAVES各店、KINGDOM、MY MODE

11月5日(水)
■クローズアップ■
リラクゼーションスペースで癒しの時間を過ごしませんか。
琴平町の紅梅亭2Fに、アロマセラピースタジオ「はなはな」がOPENしました。
アロマセラピーとは、天然植物から抽出したエッセンシャルオイルを使いつっくりとした技法で身体全体の緊張間を和らげストレスの原因である体内の老廃物を除去する働きを助け、主に精神的に働きかけます。
ご出演は、はなはなアロマテラピスト船重さんでした。
プライバシーがまもられた個室なので安心です。

<はなはなのメニュー>
◆アロマボディー(30分コース、90分コース)
◆フェイシャルトリートメント(60分)
◆リフレクソロジー(30分)
◆スペシャル(90分)
紅梅亭に宿泊の方なら、一般料金よりもお得料金で利用できます。
温泉につかるとアロマセラピーの効果もアップします。
また、琴平グランドホテル桜の抄に同じくオープンした露天風呂付き客室「ゆらりあ」ご利用ならば、お部屋でアロマセラピーが体験できる出張サービスも可能です。
お風呂とアロマセラピーでリフレッシュしてください。
露天風呂付き客室は全6室。すべて景観やデザインが異なります。
ご予約など詳しくはこちらへ
http://www.hananoyu.co.jp

11月4日(火)
土NO袋
土の要らないその名も「土NO袋」をご紹介しました。
浸水、水害時の緊急用土のう袋というと、土を入れるのが面倒、重いのでお年よりにとっては、運搬や設置に手間が掛かるなどの問題があります。
ところが、この「土NO袋」なら、水につける、あるいは水をかけるだけでOK!
中の高吸水性ポリマーが、水を吸収、標準型なら、一枚400gのものが、15kgに、箱型なら、一枚345gのものが、23kgの土のうとして、機能します。
その上、天然ゴムの滑り止めが付いているので、重ねても安心。
また、使用後はマルメルト(処理剤)で、すばやく処理でき、廃水は自治体の規制する排水規制のphに適合するため、環境にも優しい品です。
「土のう袋」のサンプル。タッパに水を入れると、あっという間に膨らみました。
今回お話をおうかがいした(有)コクブの浅野さん。
「土NO袋」(箱型)。吸水して膨らんだもの(左)と膨らます前のもの(右)。

11月3日(月)
お茶の種類&おいしい飲み方
熱くて渋いお茶がおいしい季節になってきました。
お茶の出来るまでの工程、お茶の種類&おいしい飲み方について、高瀬茶業組合でお話をうかがいました。
高瀬茶業組合:http://www.niji.or.jp/home/takasechagyou/
今回お話をうかがった高瀬茶業組合製造課長の荒木さん(右)と香川県には、2名しかいないという日本茶インストラクター柴川さん(左)。
見事に手入れされた茶畑。美しい!
ちょうど4番茶が収穫されたアトの様子です。
お茶の花です。