バックナンバー 2007
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
バックナンバー 2008
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
バックナンバー 2009
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月


 

■イオン専門店・インフォメーション
〜6月28日(土)放送〜
 
☆地元ゲストは香川県公聴広報課の古市さん。
季節ごとに発行される情報誌「かがわ さぬき野」についてご紹介いただきました。
2003年の春から、毎年季節ごとに発行される県外向け情報誌「かがわ さぬき野」
県が制作していますがカタ〜イイメージがなく、気軽に手にとれるような雰囲気。寝転がりながら読めるようにと写真をたくさん掲載しているのだそうです。
タイトル「さぬき野」の「野」には『フィールド』という意味がこめられていて、まさに香川の土地で生まれ育った人や食べ物がたくさん登場するこの冊子にぴったり。
これまで、うどん、アート、金比羅、讃岐三畜などさまざまな巻頭特集がありますが、先日発行されたばかりの夏号では、「香川で暮らそう」をテーマに香川に移住した人、移住したい人を支援する活動を紹介しています。
また毎号恒例の県知事との対談コーナーでは、中西太さんが登場。ほかにも地元の食材紹介コーナーや、夏に公開されるオール香川ロケの映画「青空ポンチ」のご紹介など、県内の人でも覗きたくなる話題がならびます。

古市さんは公聴広報課にきて1年。「さぬき野」を通じて地元で活躍する人々に出会い、地元食材を知り、たくさん勉強することができたそうです。
県外向けの情報誌ではありますが、ぜひあなたも寝転がりながら香川の奥深さを読み込んでみてくださいね。

「かがわ さぬき野」
現在、夏号発行。配布中
県外での配布場所…香川県人会、旅行会社、香川県アンテナショップなど
県内での配布場所…香川県庁、市役所、道の駅、高松駅、高松空港など
「かがわ さぬき野」ウェブ版 http://www.pref.kagawa.jp/kocho/sanukino/
 
   
☆石焼きビビンバ&韓国冷麺「あんにょん」イオン高松店 姜(かん)店長
フードコートですが、あつあつの石鍋に入ったビビンバと冷麺が食べられる「あんにょん」。韓国出身、韓国育ちの姜店長も、本場韓国の味を忠実に再現しているとおススメしています。夏は韓国でも冷麺が多く食べられることから、現在冷麺フェアを実施中。
「あんにょん」の冷麺は、そば粉を混ぜ込んでいるので黒っぽく、噛み応えのある麺と、甘みとお酢のきいたスープで、夏バテ防止にも最適! スタンダードな冷麺はもちろん、タンタン冷麺やマーラー冷麺など、ピリっとした辛味のきいたものも登場しています。

☆Satis イオン高松店 柴田店長
10代のお子さんから年配の方、家族全員で楽しめる服飾雑貨店「Satis」。バッグはカジュアル系ギャル系をはじめ、ベルト(¥840〜)、帽子(¥1050〜)など、格安でさまざまなアイテムがそろっています。
特におススメは「メッセンジャーバッグ」。エナメル素材にロゴプリントが夏らしいアイテム。ピンク、イエロー、シルバーなどカラーバリエーションが豊富なので、ワンポイントとしても使っても。S、M、シザーバッグがあり、男女兼用なので、ぜひカップルで持ってみましょう! 6月28日(土)からの「ビッグビッグバーゲン」では、店内一部商品が30%オフになりますので、お早めに!!


■イオン専門店・インフォメーション
〜6月21日(土)放送〜
 
この日の地元ゲストは、小豆島から!
NPO法人「DREAM ISLAND」の理事長、立花律子さんをお迎えしました。

立花さんは小豆島に生まれ育ち。
22年にわたって観光協会に勤務した後、「もっと小豆島に来てもらって、笑顔になってもらいたい。そしてどんどん島に住んでほしい。」という思いがあって、2006年にNPO法人「DREAM ISLAND」を立ち上げました。「小豆島HOME」というポータルサイトを中心に、島歩きツアーに出たり、移住希望者の相談にのっています。
時間のあるときは島を歩き回ってネタ探し。なんと現在、2000もの小豆島トピックスがブログにアップされています。立花さんとの島歩きは、これまで知らなかった食べ物、見所を教えてもらえるので、香川の人でもぜひ参加してみてくださいね!

これから小豆島にこられる方にお勧めのツアーは、急な山道をあがっていく小豆島第72番札所「奥の院、笠ヶ瀧(かさがたき)寺」。そして中山地区の美しい棚田。
まずはホームページ「小豆島HOME」をチェックしてみてくださいね。

小豆島HOME ホームページ→ http://www.dreamisland.cc/
立花律子さんブログ→ http://blog.livedoor.jp/dreamisland1/
 
 
☆アーティストゲストは、男女二人組みの「羊毛とおはな」
静岡出身の羊毛こと市川和則さんと、富山出身の千葉はなさんによって結成されたアコースティックユニット「羊毛とおはな」
地元にまつわる話では、B級グルメの王者でもちもちした食感がたまらない「富士宮焼きそば」と、昭和初期から肉体労働者のために作られてきたという塩分たっぷりラーメン「富山ブラック」の対決に!

もちろん7月22日にリリースされるアルバム「LIVE IN LIVING 08」のお話も。「リビングでくつろぎながら聞ける」をコンセプトにリリースされたアルバムの第2弾で、カバー曲、オリジナル曲合わせて10曲が収録されています。全曲アコースティックギターとボーカル+αというシンプルな音になっているのも、「リビングに入る楽器編成」というテーマがあるからだとか。はなさんの好きなジブリ映画「耳をすませば」の主題歌「カントリーロード」のカバーは、アカペラから入る聴きごたえのある一曲です。

午後2時からのミニライブでは、「カントリーロード」「English Man In NY」といったカバーから、グラミー賞ノミネートアーティストのコリーヌ・ベイリーレイが提供した「手をつないで」「Fallin'」などが演奏されました。
今後のライブ情報などは、羊毛とおはなのホームページでチェックを!

「羊毛とおはな」ホームページ→ http://www.youmoutoohana.com/


■イオン専門店・インフォメーション
〜6月14日(土)放送〜
 
地元ゲストは、高松市塩江美術館の三宅さんと造形作家の中井弘二郎さん。
この時期はあちこちでホタルも見られる塩江町。運動公園やホタル水路を通って現れるのが、平成6年度に完成した塩江美術館。常設展はもちろん、ワークショップやコンサートなどを開催し、敷居の高くない美術館として親しまれています。
そんな塩江美術館が、塩江で活動する若手アーティストたちの呼びかけにより昨年からスタートしたのが「塩江アートプロジェクト」。今年は、6月17日から10月19日にかけて4人の作家の展示が行われます。
そのうちの1人、造形作家の中井弘二郎さんは地元塩江出身。鉄や地元の木材を使ったオブジェなどを制作しています。母校にワークショップに出向くことも多く、鉄を使ったモビールを子供たちと作ったときには、意外な発想に驚いたこともあったそう。
6月17日からの塩江アートプロジェクト第一弾「中井弘二郎展」では、20点ほどの作品を出展しますが、中には子供たちのモビールが登場するスペースもあるそうです。
会期中にはワークショップが再び開かれますので、ぜひ参加してみてくださいね!

塩江アートプロジェクト 第一弾「中井弘二郎展」
会      期 6月17日(火)〜7月6日(日)
入  館  料 大人300円・高大生150円・小中生無料 (常設展観覧料金含)
詳しくは塩江美術館
ホームページ
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/8821.html

   
ブリックハウスシャツ工房 イオン高松店 徳島店長
60年という長い歴史を持つシャツ一筋の「ブリックハウスシャツ工房」。店内の壁一面にはさまざまなワイシャツが!メンズ、レディース、キングサイズ、ロングサイズとパターンも多く、さらにお値段も1800円からと、毎日シャツを着ている人にとっては嬉しい品揃えです。
そしてこれからは「クールビズ」商品がオススメ!デザイン面では、襟元の2つボタンが特徴の「ボットーニボタンダウン」が、素材面では吸湿・速乾のものが、見た目ではメッシュタイプのネクタイ(¥987〜)がズラリと並んでいます。この週末の「父の日」用プレゼントにもオススメですよ〜。

☆The DUFFER of St.GEORGE 高松店 外山店長
1984年にロンドンの古着屋からスタートしたブランド「The DUFFER of St.GEORGE」。なんと四国初のオンリーショップがここ、イオン高松にあるんです! 
「ジャクスタポジション(2つの異なるものの融合)」をコンセプトに、ダファーならではの「ここにしかないアイテム」をリリースしています。
これからのオススメは、カラフルな「ダファーダップス」シリーズ。特にオレンジ、ブルー、グリーンといったポップカラーのシューズは、靴紐の穴(ハトメ)にも色違いのものをあしらい、そのハトメがTシャツの脇部分にも!マルチボーダー柄に、色違いのボタンをわざとあしらうなど、ダファーならではの『遊び』を探すのが楽しくなります。さらにカットソーは同じデザインでサイズ違いのレディースもありますので、ぜひ女性も足を運んでみてくださいね。


■イオン専門店・インフォメーション
〜6月7日(土)放送〜
 
☆地元ゲストは、讃岐国分寺太鼓保存会メンバーのみなさん!
2歳の子供から大人の女性まで、誰でもやりたい人なら参加できちゃう「讃岐国分寺太鼓保存会」。大人30人、子供50人というメンバーで、イベント、企業のレセプション、結婚式など年間80回ほどの公演を行っています。
さらに子供太鼓は毎年行われている全国コンテストに出場し、全国ベスト5に入るほどの実力チーム。今年も本選出場が決定しています。
そんな讃岐国分寺太鼓の大きなコンサート「鼓展」が、6月15日に行われます。
2時間という時間の中で、メンバー&一般公募の人による和太鼓の演奏、さらには国分寺太鼓の特徴であるサヌカイトと和太鼓の演奏、篠笛や拍子木といった楽器も登場してにぎやかに楽しませてくれます。
これを聞いて太鼓を打ちたくなったら、あなたも国分寺太鼓メンバーに声をかけてみてくださいね!

讃岐国分寺太鼓保存会「鼓展 2008」
日    時 6月15日(日) 14:00〜16:00
場    所 サンポートホール高松 3階大ホール
チケット
料金
前売 大人¥1500/小中学生以下¥1000
当日 大人¥1800/小中学生以下¥1300
チケット
発売箇所
サンポートホール高松プレイガイド、ヤマハミュージック瀬戸内高松店、
DUKESHOPイオン高松店
お問合先 讃岐国分寺太鼓保存会事務局(090)1577-4780
讃岐国分寺太鼓保存会Blog:http://kokubunjidaiko.ashita-sanuki.jp/

   
☆TSURUYA イオン高松店 西川店長
レディース、メンズ、キッズの靴が豊富にならぶTSURUYA イオン高松店。ナイキ、アディダス、リーガルなど人気ブランドから、スニーカー半額セールコーナーまで見所盛りだくさんです。土日になるとゲリラ的にセールも行われますので、毎週末通いましょう!
さて、この時期のオススメはレディースのハイカットスニーカー。流行りのレギンスにあわせると可愛いことから、いま大人気なんだとか。カラフルな組み合わせもありますが、一番人気は真っ白。これにお気に入りの靴紐をカスタマイズして楽しめますよ。

☆Kanon Style イオン高松店 宇治原店長
「我が家」をテーマにした地元発の雑貨店「Kanon Style」。そのテーマどおり、表にはガーデニンググッズが並ぶ「お庭ゾーン」、店内には「キッチン」「リビング」「バス」といった風に、買って帰ってすぐ家で使いたいものが一杯! 
そしてこの時期のオススメは、日焼け防止グッズの一つ「日傘」(¥1995〜)。軽い折りたたみのものから、フリルのついたエレガンスなものまでさまざま。特にギンガムチェックは今年のブームでもあり、人気です! 
もちろん「父の日」のプレゼントも揃っていますので、ぜひ自分用とギフト用の両方を探しに足を運んでみてください。