TODAY'S TOPICS

ANA presentsキラリ沖縄 ゆるり沖縄
(月・17:30〜)


バサスポ〜tsubasatch sports Entertament〜(火・17:30〜)

エモ岡探検隊(水・17:30〜)

コンサート・イベント情報(木・17:30〜)

取材日記

GO! GO! インディーズ(2006年9月末終了)


 
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

1月25日(火)
アンダーグラフ(Vo)の真戸原直人さんが香川に初上陸!!

有線お問い合わせチャート、史上初の連続12週1位!
さらに記録更新中という話題の曲「ツバサ」を歌うアンダーグラフ、Voの真戸原直人さんが登場。
香川は初上陸!!

☆アンダーグラフ・真戸原さん、四国は3度目?
…子供の頃に野球部の合宿で徳島へ、そして大学時代に自動車免許取得の合宿で愛媛
にきた思い出のある真戸原さん。香川にはもちろん初めて。アンダーグラフのメンバーはみんな大阪出身。
Drの谷口さんは紅一点の存在ですが、1番楽器歴が長いのは彼女で、小学校の頃からドラムを習っていたとか。

☆2004年9月にメジャーデビュー。そして…

メジャーデビュー時にリリースした「ツバサ」が今大きな話題になっている。
有線お問い合わせチャートでは連続1位。オリコンチャートもグングン上昇して1月19日現在21位。
この「ツバサ」は、アンダーグラフが大阪から東京へ活動拠点を移す時の気持ちを歌にしたもの。
生まれた土地を離れてがんばっている人たちの背中を押す一曲です。 PVには女優、長澤まさみさんも登場する。
映画の中の彼女をみて、悲しげな陰があるところがアンダーグラフの曲にピッタリだということから、コンタクトをとったところOK。夢のコラボレートが実現した。
有線で流れる「人はツバサを持つと自由になれるんですか?」という彼女のセリフは、ジャケットデザインの人が「ツバサ」のイメージから考えたセリフだという。

☆今後は…
現在レコーデング中! 春頃に次のシングルが聴けるかも?!
詳しくはアンダーグラフのオフィシャルHPで。


1月24日(月)
神戸で活動中のアコースティックギター・デュオ「デパペペ」が登場


爽やかな音楽とは裏腹(?!)な関西人トークにビックリ!

☆デパペペとは
三浦たくやさんと徳岡よしなりさんの2人組み。三浦さんの第一印象は「いなかっぺ大将の大ちゃん!」。ゲームセンターあらしとか、いろんなキャラに似てるといわれるんだそうです。
6歳離れた二人の出会いはバイト先の神戸チキンジョージ(ライブハウス)。
J&Bのライブをみて、アコギ2本での演奏のかっこよさに惹かれ、デパペペを結成。
もともとハードロックやジャズ、フュージョンなど、さまざまな音楽を聴いていた2人。
「アコギ2本で出来ない音楽は無い!」ということを教えてくれます。
神戸のストリートライブでは、足を止める人の年齢層も幅広く、おばあちゃんから「ええ音だすなー」と音を誉められることが多いそう。

☆最新ミニアルバム「PASSION OF GRADATION」について
3枚目になるミニアルバム。これまでとは違った情熱的で激しいナンバーも収録していますが、実はライブではおなじみのナンバー。
ジャンルを問わないデパペペの音楽を知るのに最高の一枚。

☆今後の予定
・なんとこの春にはメジャーデビューが決定!
メジャー一発目の新曲も楽しみです。
・そして3月5日にはデパペペ発祥の地「神戸チキンジョージ」でのワンマンライブが決定!

詳しくは彼らのHPをチェック!→www.sonymusic.co.jp/depapepe/


1月18日(火)
四国は2度目、香川は初めての上陸です!

今日のゲストは今話題のnobodyknows+から、ノリ・ザ・ファンキー・シビレサスさんとg-tonさん。MCの中では1番年上と1番年下のおふたり。写真撮影ではコブラツイストを掛け合うほどの中の良さでした。
☆初香川!
今回、うどん屋さんのはしごをして「釜揚げ」と「かけ」を一気に経験。
「次回はおばあちゃんが足で踏んで作るような山奥のうどん屋さんに行きたい〜」とg-tonさん。

☆ニューシングル「シアワセナラテヲタタコウ/T.R.U.E」について
アルバム「Do you know?」の次に続くシングルだからこそ、メンバー全員で初心に戻って作った2曲。
「T.R.U.E」は、『「ココロオドル」のイメージが強いnobodyknows+に、こんな一面もあるんだと歌った自分に向けた応援歌』。
「シアワセナラテヲタタコウ」は、『自分たちの出会いの場所にもなったクラブの雰囲気を歌ったナンバー。あの頃と何も変わっていないnobodyknows+を感じて。』とのこと。

☆この番組もチェック!
実はこの日は四国FM4局ネット「DoCoMo MUSIC 4U」の2月分の収録もFM香川のスタジオでおこないました。
なんとこの収録のなかには、聴いた人だけの特典!ともいえるべき重大発表が!!!
ぜひ2月も「DoCoMo MUSIC 4U」をチェック!
FM香川では毎週金曜日 19:30〜19:55オンエア中!

*さらに毎月20日にはnobodyknows+のステキなプレゼントが当たるキーワード発表のiモーションが更新!今月はいよいよあさってです!
詳しくは番組iモードサイトへ。

携帯の方…iモード四国メニュー→FM香川公式サイト→「DoCoMo MUSIC 4U」番組サイト
PCの方…http://www.fmkagawa.co.jp/m4u/index.html


1月13日(木)
☆「真の(!?)ギター侍」根本要さん、来局!

1/16のサンポートホール高松でのライヴを前に、あのスターダストレビューの根本要さんが、ギターを手に、JOY-U CLUBにやって来てくれました。
第1スタジオの外には熱心なリスナーさんが多数見学!
いやぁ〜、サスガ、要師匠!

☆あの名曲を熱唱!
スタレビの代表曲「木蓮の涙」を生で弾き語りで歌ってくれました。
「木蓮の涙」といえば、去年、SING LIKE TALKINGの佐藤竹善さんとコブクロのユニットでカバーされた曲。
要さん自身は「いや〜、こんなマイナーなバンドを広めてくれて嬉しい」と謙遜。
スタレビをマイナーだなんて言ったら…、誰がメジャーなバンドに…と思うつばさっち〜を後目に「ネモトーク」は炸裂!
さらに昨年は「本日のスープ」で、北海道のローカルタレント大泉洋さんとも共作。
「大泉くんがあんなに有名人だなんて知らなかったよ〜」とは要さんの弁。
いろんなところでコラボしたり、話題を作ったり、スタレビはデビューから24年経っても精力的です。

☆つばさっち〜、一生の不覚…
なんと、要さんが「JOY-U CLUB」のジングル(サウンドステッカー)を作ってくれたんです!生で!!!
…が、スタッフ含めて、急だったもんで…、テープを回してなかった!!!
要師匠曰く「いや〜、そう何度も出来ないよ〜」
…と、絶好のチャンスを逃してしまったつばさっち〜は…「残念!!」

☆ライヴツアーはまだまだ続く…
1/16には高松ライヴを行ったスタレビ。近県ではまだまだ行われます。
○3/23(水) 愛媛県四国中央市土居文化会館 p.m.6:30 start(1/23チケット一般発売開始)
○3/24(木) 岡山県倉敷市民会館 p.m.6:30 start(チケット発売中)

☆この他、スターダストレビューの情報は
http://www.s-d-r.jp/


1月6日(木)
ひょっとして雨オトコ!?「つばき」の一色徳保さん登場!

モンスターバッシュでは、会場の熱気と共に?嵐を呼んでしまった(?)「つばき」一色徳保さんが、今年のJOY-U・CLUB、最初のゲスト!
雨オトコ繋がりとしては、共感を持てます…。(笑)
一色さん本人は、「雨オトコ」の意識が無かったそうですが、「最近、何か自分が呼んでる気がする…」とコメント…。他にも意外に?つばさっち〜と共通点も多し。
ラジオネーム、モモ♪♪さんから「好きな鍋は?」と質問されると、「水炊き」と答え、好きな具は「ネギ」と判明。オイラもシンプルな「水炊き」好き。「ネギ」も欠かせません…。「ネギ鍋伝説」を作った、棚原まどかさんには負けますが…。

☆ 一色さんの故郷、松山で初のワンマンライヴ敢行!
2005年の活動は、いきなり活発な「つばき」
渋谷を皮切りに、2月27日には、待望の松山ワンマンライヴ!
「つばき」のそもそものバンド名の由来は、松山市の市花である「つばき」から来たと言うんですから、まさに里帰りライヴ!どんな熱気に包まれるのか…!?

日時 2/27(日) p.m.6:00 Start(p.m.5:30 Open)
場所 松山サロンキティ
チケット料金 \2,500(前売り、ドリンク別)
チケット販売 d-ticket(089-943-9966、dコード : 12199)、
ローソンチケット(0570-063-006、Lコード : 66070)
お問い合わせ DUKE松山(089-947-3535)

☆ シングル「昨日の風」 2/23 Release!!
松山ライヴのまさに直前、2/23に「昨日の風」をリリース!
「昨日」とついたタイトルに…チョット後ろ向き?と思いきや、中身はスンゴイ前向きです!ストレートなサウンド、今回もつばきはやってくれちゃいます。つばさっち〜はすでにハマってます。
サビのフレーズが決まって、メロディーがついたというこの曲。リリースが待ち遠しい!!!
c/wには「夢のあとさき」「気まぐれ」の2曲を収録。

☆ つばきの情報
オフィシャルサイトで。