TODAY'S TOPICS

ANA presentsキラリ沖縄 ゆるり沖縄
(月・17:30〜)


バサスポ〜tsubasatch sports Entertament〜(火・17:30〜)

エモ岡探検隊(水・17:30〜)

コンサート・イベント情報(木・17:30〜)

取材日記

GO! GO! インディーズ(2006年9月末終了)


 
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

9月29日(木)
香川は2度目の上陸。「名古屋HIPHOP界の塾長」SEAMOさんが登場!
1度目の香川ではまだ無名のHOMEMADE家族をワゴンに乗せ、名古屋からライブにきていたとか。
明け方に連れて行かれたうどん屋さんの思い出が今も胸に熱く残っているそう。
☆改名「シーモネーター」から「SEAMO」へ…
長年インディーズの時期を経て、さまざまなアーティストとの活動をこえ、よりHIPHOP界のクラシックになるため改名。これからの希望は「ラブソング」を歌うこと。
今は「フィーチャリング作品」が多いHIPHOP。
そんな作品に負けず、自分が1番輝く作品をたくさん作っていきたいと、将来を見据えています。

☆10月12日には仲の良いBENNIE Kとのラブソング・コラボ!…
もともとライブ仲間であったり、お互いのCDにゲスト出演したり、といった仲のBENNIE KSEAMO
仕事の話から恋愛の話まで、何でも話せる彼らが昨年末ファーストフード店で語り合ったSEAMOさんの恋愛話がきっかけでラブソングを制作することに。
「滅多に女性と歌を歌うことはない」というSEAMOさんでしたが、今回の曲のサビではBENNIE Kの声を通じて、恋愛のせつなさとやさしさが伝わってきます。
レコーディングではBENNIE Kの2人にダメだしをされることもあったとか。

このシングルの流れで10月26日にアルバム「Get Back On Stage」もリリース。
なじみの友人もたくさん参加した1枚。
まだまだステージでいい歌を聞かせる!そんな意気込みをこめてのタイトルがつけられています。

詳しくはオフィシャルHPで!
www.seamo.jp


9月27日(火)
LUNKHEAD

愛媛出身、同じ高校の仲間で結成されたLUNKHEADからVo&G小高芳太郎さんが登場。
明日は初の香川ライブをART-SCHOOLと行なうLUNKHEAD
プライベートで香川に遊びに来ることはなかなかなかったそう。
☆LUNKHEAD…
高校卒業記念ライブで初めてメンバーの4人が勢ぞろい。その後上京するメンバーとしないメンバーに別れるものの、再会して東京で活動をしつづけている4人組バンド。
小高さんは東京進出組でしたが、大学のバンドサークルで音楽をやろうとするものの、「夏合宿、参加費60000円」というのを聞いて写真部に移行したという話も。
今のメンバーは高校からの友人同士ということで、とてもホッとする雰囲気。
音楽をやり始めた頃は聞く音楽もバラバラだったけれど、お互いに音楽を進めあい、好みのツボが似てきたそう。

☆10月26日リリースのミニアルバム「プルケリマ」…
星の名前をつけたい、という小高さんの要望から「プルケリマ」という二重星をリーダー石川さんが発見。
二重星とはふたつの星が地球と月のように廻りあっていること。
あまりにも美しい星なので、「最も美しいもの」という意味の「プルケリマ」と名づけられたそう。
アルバムに入っているタイトルチューン「プルケリマ」は、この星のように遠く離れている場所で思いあい、時には離れてという、あえなくなった地元の友人や恋人への思いを歌っています。
レコーディングでは初めてシンセを使うなど、新しい試みも。

☆高松でライブも!
早速9月28日に香川初ライブが行われたLUNKHEAD
次回はセカイイチとのツアー「セカイランクツアー 〜ぼくらの27日間演奏〜」にて11月23日(水・祝)高松DIMEでライブを行います。
チケットは現在発売中。(問:087-822-2520 DUKE高松)

詳しくはオフィシャルHPを!
http://www.lunkhead.jp/


9月26日(月)
1月以来。髪も伸びました。つばきから一色徳保さんの登場!
今年に入って休みナシ…とか。!
☆休みはないけれど…
先日のレコーディングで伊豆に行った3人。たまたま時間が出来て行なったバーベキューが、今年のいい夏の思い出になったそう。

☆リリースについて
「出来たらすぐ音にする」つばきの制作スタイル。
9月14日にリリースされたニューシングルは5月頃、そしてその頃から平行してニューアルバム「夢見る街まで」を制作していたそう。
「スタイル」では、主人公がもやもやした中から飛び立つ様子を描くいつもよりも軽快なイメージの楽曲。
ニューアルバム「夢見る街まで」では、ちょっぴりロマンチックな歌詞も入りつつ、アルバムタイトルにもなっている「夢見る街」では、インディーズ初期の頃の音を思い出させるような、懐かしいメロディ。
そして「現実、そんなに甘くねえんだよ!」といったシビアな目線で夢への道のりが描かれています。

☆ライブツアーもスタート!…
11月11日からはいよいよ「つばき全国ツア2005〜夢見る街まで〜」がスタート。
待望の香川でのライブも決定!
11月22日(火)高松DIMEにて開催。
「いつもはMCも少なめだけど、今回はアルバムのツアーということもあって、しっかりアルバムのことを聞かせながらのライブになります。」と一色さん。

詳しくはオフィシャルHPで。
http://tsubaki-net.com


9月15日(木)
広島から「THE CRANE FLY」が来たけぇのぉ〜!!

今年のモンバスにも、2年ぶりに出演していました広島の誇るスーパーロックバンド、THE CRANE FLYのvo.政成潤哉(まさなりじゅんや)さんと、g.柞磨尚哉(たるまなおや)さんが遊びにJOY-U CLUBに遊びに来てくれました!
高校時代から仲間同士で学園祭に出るために、結成された4人組。
しかし、ここまでの道のりは平坦ではありませんでした。

☆2004年3月5日
この日は、クレインフライが解散した日。
全国47都道府県を車で、しかも高速道路を使わずに回って、大変な思いをしながら音楽活動を続けていくのが、徐々に苦痛になっていたクレインフライのメンバー。
広島クラブクアトロにて解散ライブを行ったところ600人が集結。
その後、やっぱり「音楽が好きだ…」ということを思い出した4人は、復活の道へと歩んでいきます。

☆2005年3月5日
そしてちょうど1年が経過したこの日、クレインフライは復活!
広島基町クレド1階ふれあい広場に集まった人数は実に1,500人。狂喜乱舞の中、クラインフライは復活を果たしました。
その日に広島限定で、まずはリリースされたシングルが「門出の詩」でした。

☆復活シングルは昔からあった曲「門出の詩」
クレインフライの数ある曲の中で、復活の1枚に位置付けたのがこの曲。
何でも、この曲は昔から温めていた曲。
1年の充電期間を経て、復活するのにホントにピッタリの「門出の詩」、様々な思いが積もり積もってさらに重みのある曲になってリリースされたわけです。

☆「THE CRANE FLY」って何?
クレインフライ、和訳すると「ガガンボ」
といってもピンと来ない人も居るかもしれませんが、よく自動販売機にでもへばりついてそうな大きな「蚊」のような虫のコト。
この虫は、人に害を与えるような虫では無いんですが、パッと見、ホントに気持ち悪い虫。近づきたくない…。
クレインフライのメンバーも一瞬、近寄りがたい雰囲気を出してるけど、実際はそうじゃない!見た目だけで判断しちゃダメだ!っていう気持ちを込めて付けられたバンド名なんです。

☆近くで見よう!
11月6日(日)、クレインフライのイベントライブツアースタート。
しかも高松にはツアー1ヶ所目でやって来てくれます!
●日時:11月6日(日)、Open p.m.5:30、Start p.m.6:00
●場所:高松DIME
●チケット一般発売:10月1日(土)
●対バン:ザ☆キャバレー、THE STOMP、VIVASNUT
●お問い合わせ先:
   デューク高松 Tel.(087)822-2520、
   高松DIME   Tel.(087)862-4440

☆その他、THE CRANE FLYの情報などはオフィシャルサイトをチェック!!


9月6日(火)
シンガーソングライター、アンジェラ・アキさんが生出演!

9月14日にメジャーデビュー!
日本人とアメリカ人の両親を持つシンガーソングライター、アンジェラ・アキさんが生出演。
徳島生まれなので、バリバリの阿波弁で登場!
歌とのギャップに驚くスタッフたち…

○香川にも瀬戸大橋ができる前から遊びに来ていた!?
徳島生まれ、中学時代まで徳島と岡山にいたアンジェラ・アキさん。
近くの香川にはまだ宇野までの連絡船がでているころに家族で遊びにきていたそう。
連絡船でおなじみのおにぎり弁当に入っている「しそうめ(ペースト状)」と「す昆布」が大好きで、いまだに食べたい気持になるとか。

○9月14日にメジャーデビューシングル「HOME」リリース!
徳島時代にはじめたピアノのダイナミックな演奏にのせて、いくつかあるふるさとへの思いを歌っています。
ふるさとに戻ったときのホッとする気持ち、ちょっと孤独を感じる気持ち…すべてが込められた一曲。
あなたのふるさとで聞いてください。
カップリングにジャニスイアンのカバーでオリジナルの日本語詞をつけたものも。
彼女ならではのジャパニーズテイストを楽しんでみては?

○今後もインストアライブツアー実施!
9月17日(土) 岡山HMV 17:00
9月18日(日) 徳島新星堂 15:30

詳しくはHPを!http://www.angela-aki.com/


9月5日(月)
生醤油うどんアイス

うどん発祥地・滝宮で新しいうどんアイスが登場?!
道の駅滝宮で「生醤油うどんアイス」発売中!


キャラメル色のこのアイス。
実は「うどんアイス」の新作、「生醤油うどんアイス」なんです。
発案はもちろん、道の駅滝宮のアイス博士、中山さん。
「うどんアイスを作ったものの、新作を…と要望もあり、かねてから思案していた生醤油うどんをアイスにしてみました」とのこと。

一口たべるとまず最初にしょうがの味。

さらにしょうがの味はスッと消えて、ふんわりと醤油の香りが口の中に広がります。
もちろん「うどんアイス」の頃からおなじみ「冷凍したうどん」も入っていて、ちゃんとうどんを食べている食感に!

アイスのためのだし醤油も考案したという中山さんですが、味のイメージは讃岐で昔からおなじみのお菓子「たんきり」「かんろ飴」。
そのせいか、高齢の方にも人気なんだとか。

1個150円で発売中!
ぜひあなたも道の駅滝宮へ!


9月2日(金)
New Genre Hip Hop unit "COOLON"

☆New Genre Hip Hop unit "COOLON"
8月のジョイユーのエンディングチューンアーティスト
「COOLON」の東京出身MC&Rock Vo.Akiraさん、そして熊本出身のMC.NoBuNaGaさんの2人が番組初登場!
そもそもは、熊本出身のLioさんとNoBuNaGaさんが中心となって結成されたユニットなんですが、今までになかった全く新しいジャンルのHip Hop Unitです。

☆"COOLON"の由来
一、「九龍」と書いて「クーロン」と読む
一、"cool on"を一単語にしてしまって「クーロン」
一、熊本の市外局番(096)に引っ掛けて…
↑最後は後付けだそうですが…。。。

☆四国を2日で制覇!
キャンペーンであちこちを回ったCOOLONのメンバーですが、四国はAkiraさんとNoBuNaGaさんの2人で回ったそうで、四国4県をなんと2日で制覇!
かなり強行日程のAkiraさんとNoBuNaGaさん。
あまり四国を堪能できなかったかもしれませんが…とにかくお疲れ様でした〜。。。
ちなみにAkiraさんもNoBuNaGaさんのネーミング、本名からきてるそうで、NoBuNaGaさんは「何故、子音字が大文字なのか?」聴いてみたら…
「特に意味はなく、何となく」だそうです…。

☆1st Single「Days / KAGEROU」
8月3日に「Days / KAGEROU」の両A面シングルでメジャーデビューを果たしたCOOLON。
COOLONの良さはHip Hopを基に、ROCKあり、R&Bあり、REGGAEあり、FUNKあり、PARTYありと全くジャンルに拘らない、新しい感じの曲を作っているところ。
「Days」もホントに愉快になれる1曲です。
一方の「KAGEROU」はメロウな1曲。
切ない夏の思い出を思い起こさせてくれますよ。
さらに着るモノが長くなって、1枚多く羽織るようになった頃、新曲のリリースも予定されているとか…!?

☆その他、COOLONの情報などはオフィシャルサイトをチェック
http://www.coolon.jp/