TODAY'S TOPICS

ANA presentsキラリ沖縄 ゆるり沖縄
(月・17:30〜)


バサスポ〜tsubasatch sports Entertament〜(火・17:30〜)

エモ岡探検隊(水・17:30〜)

コンサート・イベント情報(木・17:30〜)

取材日記

GO! GO! インディーズ(2006年9月末終了)


 
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

10月31日(月)
「Panorama Afro」が登場!
昨日の高松オリーブホールのライブで今年3回目の香川ライブという「Panorama Afro」が登場。
カローラランクスの「惚れた俺〜が悪いのさ〜♪」という楽曲でも知られた彼ですが、スタジオではライブでおなじみ、Vo.マキール大佐の「筋肉最高!」も出ましたー!

「Panorama Afro」の名前で活動してもう8年。
バンドメンバーの交代を経て、現在の4人に。
現在、東京、盛岡、札幌と離れて生活している4人ですが、曲作り、レコーディングのときはサッと東京に集まり、サッと仕事をやってのけるとか。
性格も、聴く音楽も、オフの日も、おなじものは無しというメンバー同士ですが、だからこそロックだけじゃなく、ディスコ、ラップ、レゲエ、ハードコアなどのさまざまな音楽を楽しんでやることができる。
とにかく「Panorama Afro」の音楽は「カッコよく」、ライブは「楽しく」

そんな彼らの最新アルバム「AFRO THE THIRD」には、よりポップになったPanorama Afroの音が収録されています。
レコーディングは2週間。
しかし何よりも濃い一枚。
ドライブ中や、パーティに行く前(気分盛り上げ)にぜひどうぞ〜!とのこと。

詳しくは彼らのオフィシャルHPもチェック!
http://www.madmagazine.co.jp/afro/

マキール大佐の「筋肉日記」にも注目。


10月28日(金)
ミドリカワ書房開店!
☆嵐を呼ぶシンガーソング「ルポ」ライター「ミドリカワ書房」FM香川初登場!
7月にメジャーデビューを果たしたミドリカワ書房さん。
メジャーデビューアルバム「みんなのうた+α」もあの「千葉レーダ」茂木淳一さんとの共作で、さらに作る楽曲は自身の独特の世界観を誇っていて、ちまたで話題沸騰中のミドリカワ書房さん。
そんな彼のアーティスト名「ミドリカワ書房」はもちろん本名ではなく、本名は緑川伸一さん。
この名前を付けた理由は、本名よりもインパクトを持たせたかったのと、作っていく楽曲が1つ1つ短編小説のようだというのが理由なんですよね。

☆「ミドリカワ書房」の新刊は「それぞれに真実がある」
シングルからのリカットチューンは、不倫の挙げ句に離婚をした父親の視点で娘のコトを想う歌。
実はコレ、ミドリカワ書房さんと親交の深いキーボーディストの実話。
半ば強制的に作らされた(笑)という1曲ですが、非常に深いです。シングルバージョンは、曲の最後に娘とのやりとりの模様を父親のつぶやきのように収録。
そして、この曲を受けて作られた「続・それぞれに真実がある」は1年後、ちょっとワルになった娘の視点で描かれた曲。
かなり面白い1曲ですヨ。

☆ミドリカワ書房のライヴの特徴…
ミドリカワ書房さんのライヴは、女性が圧倒的に多いそうです。
しかも真剣な顔で1曲1曲を噛みしめているとか…。
本人曰く「つまんないのかなぁ?と思っちゃいます」。
え〜とですねぇ、是非、カップルでもイイし、男性の方でもイイんで「このストーリー滑稽だなぁ〜」みたいなスタンスで聞きましょう。(笑)
ミドリカワ書房さんのライヴなど、情報はコチラで!
http://www.mido-shin.com/


10月27日(木)
「河口恭吾」が登場!

河口恭吾さんがJOY-U CLUBに秋風を運ぶ!

☆ライヴ前日にFM香川にも登場!
LIVE TOUR 2005 「旅する十月の息子 〜後編〜」をスタートさせたばかりの河口恭吾さんが、香川でのLive前日となるこの日にFM香川に遊びに来てくれました。
いきなり「つばささんって聞いてたとおりの人ですねぇ」とスタッフの誰かからウワサを流されていたつばさっちは先制パンチを頂いたのでありました…。(汗)
河口恭吾さんのファンがスタジオの外には集まり、ちょっと肌寒い秋の夜に、暖かい空気に包まれていました。

☆作詞・作曲 河口「京」吾
河口恭吾さん…、この表記は本名なんですが、作詞・作曲の欄を見ると、河口「京」吾さんに…。
コレは字画の問題で、著作物の登録をするときに縁起がイイと判断されたとか…。
そんな河口「京」吾さんが、作っていった曲を河口恭吾さんが歌う新しいアルバム「風と落ち葉の季節に」には12のストーリーが詰まっています。
河口さん本人が生まれたのが10月ということもあって秋は大好きだそうで、今回も秋を意識したちょっともの悲しい雰囲気に「塩を塗る(本人談)」アルバムになっているそうです。
皆さん、1曲1曲…しっかりと心に染み込ませて下さい。

☆河口恭吾さんの情報はオフィシャルサイトでチェック!
http://www.miraclebus.com/kyogo/


10月26日(水)
SL急行「讃岐路義経号」!
10月28日〜10月30日の期間、JR高松駅〜JR多度津駅間をSL急行が走ります。
大河ドラマ「義経」の舞台と四国の列車発祥地を繋ぐこのSL。
昭和15年前後の一時期だけ、高徳線などで運転されていたこともあるとか! そんなSL急行「讃岐路義経号」の運行を記念して、オリジナルグッズ「帽章入りキャップ」を発売。

5色のうち、青・水色・黄色は今はなき宇高連絡線の船体をイメージしたカラーだとか。
10月28日〜30日まではJR高松駅コンコース臨時売店、JR多度津駅前にて発売。
インターネット「夢四国」http://www.yumeshikoku.com)でも発売中。


10月17日(月)
SHAKALABBITSからVo.UKIさんとBassのKINGさんが登場!
元キャンペーン・スタメンチームの2人は「とにかく遊んじゃう」コンビなんだそうで…
スタジオのパンダ・パペットで遊ぶ姿も。
☆今年の最初から制作し始めたニューアルバムもいよいよ10月19日発売。
タイトルの「CRIMSON SQUARE」=「深紅の四角形」がモチーフで、ジャケットには赤い本をもつ女の子の姿が。
赤い本は「between YOU and ME」のジャケットから続いているモチーフで、いろんな人の手を渡って成長していく本の姿が見られます。

アルバム自体は今、シャカラビが作りたい音を集めていますが、歌い方、演奏のしかたは「思いのまま」。
UKIさんは曲によってはイスの上にあぐらをかいてハンドマイクで歌ったり、立って歌ったりとバラバラ。だからこそ、微妙な声の変化を作ることができたそう。

アルバムの初回限定DVDは、スタッフとメンバーがレコーディングから普段の姿までを撮影した600時間を32分間にまとめたもの。
アルバム完成時の乾杯シーンや、UKIさんオススメの「人間バイク」をチェック!
レコーディングのときにPRIDEの影響でワザをかけまくるMAHさんも見どころ。

☆そしてライブツアー「CRIMSON SQUARE TOUR」いよいよスタート。
またもやライブハウスツアーとホールツアーに別れたものに。
香川には2月22日(水)高松オリーブホールに来てくれます。

・「CRIMSON SQUARE」バンドスコアも同時発売。(10月19日)
・UKIさん初の単行本「The Roulette SHOW WORLD」。10月27日発売。

詳しくはSHAKALABBITSオフィシャルHPへ。


10月13日(木)
"YOSSY"登場!
☆World Wideで活躍するプロデューサー"YOSSY"登場!
世界中のあらゆるアーティストに携わっている"YOSSY"こと山本淑稀さんがFM香川にやって来ました。
過去には、某CDショップで1週間バイトをやって、どうやったらCDが売れるのか?
そこまで"現場"を調べ尽くした"YOSSY"さんは、旅行で訪れた韓国で「この国のアーティストとシゴトをしたい!」と思い立ったのがきっかけ、独学でハングルなども憶えながら、韓国の社会へと溶け込んで行きました。

☆10/18、日韓同時リリース「happuli」「hearten」
日韓のアーティストが大集結したこの2枚のオムニバスアルバム。
ジャケットには、くすきはいねさんの詩がさらにこの2枚のディスクの価値を高めています。
「happuli」には、日本から福富幸宏さん、野宮マキさん、STUDIO APARTMENT、
Yellow Cherryらが参加。
韓国からはCLAZZIQUAI PROJECT、Cheon Je Duk、Jらが参加。
一方、「hearten」には、日本から広沢タダシwith矢野真紀、ラブハンドルズ、陣内大蔵さん、Sing Like Talkingの藤田千章さん、上新功佑with中西圭三、坂本サトルさんら、韓国からはジム・ヒョンボさん、LOVEHOLICらが参加しています。

☆うどん大好き"YOSSY"!
香川のうどんが大好きという"YOSSY"さん。その後、訪れたうどん屋では記念撮影。
香川に住んで、プロデュース活動するのも良いなぁ…なんて言ってくれてました。
香川のミュージシャンよ…、YOSSYさんについて行くと良いぜよ…?


10月12日(水)
リサイクルショップ「ピノキオ」
衣替えの時期、箪笥の肥やし状態の衣類が眠っていたりしませんか?
衣類以外にも箪笥や押入れで眠っているものもあったりして。そんなところに便利なのが「リサイクルショップ」です!
善通寺市に9月17日オープンしたばかりのリサイクルショップ「ピノキオ」にお邪魔しました。

緑色の看板とウッドハウスがとてもオシャレ。天気の良い日はウッドハウスでのんびり♪っていうのもいいかもしれません。
お話は、山口店長(左)、藤井マネージャー(右)にお聞きしました。

『すべてのモノは生きている』をモットーに、広い店内、あたりを見渡すと海外ブランドから洋服、食器、家電製品、家具、骨董など、ありとあらゆるリサイクル商品が約2万点ずら〜っと並んでいます。
ファッションコーナーで気になったブーツ。リサイクルだからとても値段がお手ごろ。それに靴の状態も綺麗!
   
また「ピノキオ」ではこんなサービスをしています!
☆お店に自分のほしいものが見つからなかった場合、お願いすれば探してくれる
☆家具など大きいものの買い取りは出張買取ができます。
現在「ピノキオ」では、若者の洋服や洗剤など生活雑貨を買取強化しています。
モノを無駄にしないリサイクルショップ!みなさんどんどん利用しましょうね!!

リサイクルショップ「ピノキオ」
場所:善通寺市上吉田町 善通寺グランドホテルを東へ約1km
電話:0877-62-7735


10月11日(火)
ロクセンチ
東京を中心に活動中のロクセンチから、VO&Gの中原明彦さんが登場。
現在「レイトショーを観にいこう」をひっさげて、全国46箇所のワーナーマイカルシネマズでライブツアー中。
☆香川はなじみの場所?
友人が香川に住んでいたこともあり、香川には何度も訪れたことがあるそう。
うどんが絶品!と声を大にしてうどん好きをアピール。
ぜひ香川に移住して来て下さい!!

☆ロクセンチ、そして「レイトショーを観にいこう」とは…
3人組のポップスロックバンド「ロクセンチ」
あまりにも中原さんの書く曲がおセンチな男性の心境を表しているため、「ロック+センチ」「ロクセンチ」に。
「レイトショーを観にいこう」は今年2月にリリースしたミニアルバムに収録されている楽曲で、中原さんが家族で地元のワーナーマイカルシネマズにレイトショーを観に行った際に、「一日の終りの時間を映画でしっとりと締めくくるのがいいなあ」と思ったことから完成。
PVを地元のワーナーマイカルシネマズで撮ろう!と打診したところ、イメージソングになり、全国のワーナーマイカルシネマズのレイトショーキャンペーンがスタート。
ロクセンチも全国のワーナーマイカルシネマズでライブを行うことに。
各県おなじレイアウトのない映画館をみながらも、ツアー中は休みなしで映画も見られていない中原さん。
映画を見るなら1人で、最後は余韻を楽しみたいタイプだそう。

☆詳しくは

「レイトショーを観にいこう」キャンペーン期間中(〜10月28日)に、お近くのワーナーマイカルシネマズへ。
売店では彼らのリカットシングル&PVも発売。
上映前のスクリーンで、「レイトショーを観にいこう」のPVも観られます。
そしてロクセンチのHPをチェック!
http://www.6-cm.com


10月6日(木)
「植村花菜…来ちゃいました」
☆「兵庫県出身」植村花菜さん!よぉ〜喋る美女!
9月のプライムチューンアーティスト、植村花菜さんがJOY-U CLUBに初めて遊びに来てくれました!
え〜っとですねぇ…、美女です!ハイ。
つばさっち、タジタジでした…。ウソ、話が弾みました!
え〜っとですね、居酒屋トークみたいになってましたが、ご勘弁を…。

☆2nd Single「ミルクティー」
Major Debut Single「大切な人」はピアノサウンドを効かせた感じになってましたが、今回の「ミルクティー」はギターサウンドを聴かせた仕上がり。
実は「ミルクティー」よりも「ストレートティー」の方が好きという花菜さん。
「何でミルクティーやねん!?」って思う方、まだまだ聴き方が甘い!…というツッコミが。。。
歌詞をよぉ読むと、ミルクティーが好きなのは彼なんですよね。
この曲のお話には続きがあって、ホントは切な〜い歌なんです。
彼女は彼と一緒に「ミルクティー」を飲む勇気が無かったんですよね…。
そんな花菜さんの実話に基づく曲なんです。(エッ!?自分のコトなの…?)

☆年内には3rd SingleもRelease予定!
どんな曲になるかお楽しみに。
その他、音楽月刊誌『WHAT'S IN』で「植村花菜カナり簡単ダイエット」連載中!
こちらは、つばさっちも要チェック(苦笑)だ!

☆早くもライヴも見てみたい!
今後の情報を見逃さないように!
オフィシャルサイトはコチラ →http://www.uemurakana.com/