FM香川-I LOVE RADIO 786 -




TODAY'S TOPICS

ANA presentsキラリ沖縄 ゆるり沖縄
(月・17:30〜)


バサスポ〜tsubasatch sports Entertament〜(火・17:30〜)

エモ岡探検隊

コンサート・イベント情報(木・17:30〜)

取材日記

GO! GO! インディーズ(2006年9月末終了)


 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2月22日(金)
■Before Christ Butterflyのボーカル、BILLYさんが登場!
マスク姿という異様な姿ですが、ライブにそなえての風邪予防!
みんなも風邪予防しよう〜!!!■

昨年はあまりライブができなかったので、今年は『ライブ三昧にするぞ!』という勢いのBefore Christ Butterfly
今回のツアーでは会場限定の激レアシングルもリリース。「BILLYの心の中」というインストから始まり、タイトルチューンの「NICKNAME」では、失う前に大切なものをもう一度見つめなおして…というメッセージがこめられています。

高松のライブは2月23日に高松DIMEで終了しましたが、夏には、昨年に引き続いて徳島にて野外フェス『DRAGON FACTORY FESTIVAL08'』が開催されます。
今回は芝生が気持ちよさそうなオートキャンプ場での夏フェス。
すでに出演者も4組決定しています。

★『DRAGON FACTORY FESTIVAL08'』★
日   時 2008年7月20日(日)
場   所 四国三郎の郷(徳島県美馬市)※吉野川沿いのオートキャンプ場。
出演アーティスト シーナ&ザロケッツ/Before Christ Butterfly/NICOTINE/STANCE PUNKS、and more…計14アーティスト

・詳しくはHPをチェック!


2月14日(木)
■家具工房がカフェに…「CAFE KNUT」(観音寺市)■
最近『ほっこり』してないな〜というときに行きたいカフェ、観音寺市吉岡町の「CAFE KNUT(クヌート)」をご紹介しました。


昨年秋、観音寺にある西岡家具店の裏手にできた「CAFE KNUT」
一見、倉庫のような建物も中に入れば、このとおり。
ヨーロッパの雑貨やキッチン小物のショップブース。その奥にはゆったりソファ席もあるカフェスペースが広がります。
実は20年前までここは西岡家具店の家具工房でした。
使われなくなった工房をカフェに生まれ変わらせたのは、西岡家具店の西岡店長。
小さいころから家具職人たちが仕事をしていたこの場所を、カフェに生かしたかったそう。
中には、西岡店長手作りのテーブルも。家具が作られていた場所だからこそ、手作りのものが馴染んで、いい味を出しています。

そしてカフェのお楽しみといえば、フード!
KNUTの人気メニューは月替わりで4種類登場するランチメニュー。
特に人気の「なすとひき肉のドライカレー」(スープ付、750円)をいただきました。
目玉焼きの黄身がとろ〜りとカレーに絡まって、スパイシー&マイルド!おいしい〜!
2種類のサラダもついて、野菜をたくさん食べたい人にもオススメですよ。

来てくれる人のために、常に変わり続けるカフェを目指す「KNUT」。
どんどん変わるランチメニュー、デザートを食べ逃さぬように!
そしてカフェタイムがおわったら同じ敷地内にある西岡家具店へ。
KNUTのような素敵なカフェ空間を自宅に作りたいひとは、家具、雑貨をチェックしてみてくださいね。

★ CAFE KNUT ★
場  所 観音寺市吉岡町
アクセス 国道11号線、マクドナルドのある交差点を西へ曲がり、500メートルほど走るとみえる西岡家具店の裏手
営業時間 11:00〜19:00(ランチ〜14:00)
定休日 日曜日
電  話 (0875)25-6183


2月7日(木)
■直島「家プロジェクト7軒公開記念トーク」&「家プロジェクト【南寺】」リニューアル!■
先日、香川が誇るアートの島、直島に行ってきました!
今回の目的は、「家プロジェクト」の初期の作品、「南寺」の修復後のお披露目、そして家プロジェクトが7軒に増えたことを記念してのトークショー。
直島の集落である本村地区にある【南寺】の前で、てがけたアーティストのジェームズ・タレルさん(左から2番目)とベネッセコーポレーション会長兼CEOの福武總一郎さん(写真一番左)。


カフェ「まるや」で懇親会
「南寺」は、今から9年前に完成したもの。
戦争で焼けてしまったお寺のあとに安藤忠雄さんとジェームズ・タレルさんが制作した作品です。
まったくの真っ暗闇の中で5分〜15分。目が慣れるのを待っていると…ある光が見えてくる…。人間の体をもって体験できるアートなんです。
修復を終えて、光がより均一に届くようになったことと、メンテナンスが行えるような仕組みになったそうです。
ジェームズ・タレルさんは、光そのものを作品にしている現代アート作家で、彼自身、パイロットでもあるので、地平線に沈む夕日や上空でしか見えない光など、自然とアートはとても近いものだと考えています。
白い髭をたっぷりと顎に携えた、まるでサンタクロースのようなビジュアルですが、やさしく作品や自分の生い立ちについて話してくださいました。


「家プロジェクト7軒公開記念トーク」のようす
その後は、ベネッセコーポレーション代表取締役会長兼CEOの福武総一郎さん、タレルさん、家プロジェクトの「きんざ」を手がけた女性アーティストの内藤礼さん、聞き手に脳科学者としておなじみの茂木健一郎さんが参加した、テンポのいいアートトークショー。
実現できるのか?いや、できそうだ!というような福武さんの未来予想図に、内藤さんとタレルさんが賛同し、移り住んでもいいわ!くらいの勢いを聞かせてくれたことが面白かったです。

聞き手の茂木健一郎さんも、直島に来るのは5回目。
「いつ来ても変わらない形で作品が展示されているのは直島ならでは。そして子どもや現代アートについてよくわからないという人でも楽しめるのが、家プロジェクト。ぜひもっと訪れて欲しい場所ですね。」とおっしゃっていました。

2010年には瀬戸内海を舞台とした国際芸術祭も計画されています。
直島のほか、豊島、岡山県の犬島などで、国内外の芸術家を招いて現代アートと自然を結びつける展覧会になりそうですが、自然に近いアートを楽しめる場所にいる香川のみなさんは、どんどん足を運んでみましょう!

ベネッセアートサイト直島HP→http://www.naoshima-is.co.jp/
家プロジェクト「南寺」→http://www.naoshima-is.co.jp/concept/art/minamidera.html