FM香川 - Be fine! 78.6

 
トップページ プログラム タイムテーブル パーソナリティ ライブラリ ポッドキャスト プレゼント



786・SUPER MEDIO TOPICS

取材日記

 
パーソナリティが自ら取材した模様や、お迎えしたゲストなどもう一度振り返ることができます。

2004年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
■6月30日(水)
■お中元はお決まりですか?■
三越高松店では、6月22日(火)から新館5Fに「お中元コーナー」が設置されています。

毎年新しい提案をし続ける三越の今年のキーワードは「3つのS」。
「少し贅沢・少量・新鮮。」
全国送料無料のベストギフトが1000アイテムに拡大したのも魅力です。
三越ならではのセンスと高級感あふれる商品の中からお選びいただけます。
会場は連日大勢の買い物客でにぎわっています。

■6月25日(金)
■WeekendEdition■
<帆船の写真を手に・・・>
N:明日、明後日サンポート高松に日本丸が入港するんですって!
Y:帆船ってキレイですよね。
N:セイルドリルの見学や一般公開もあるみたい・・。
Y:「セイルドリル」って知ってるんですか?
N:???そういや・・何するんですか?
Y:帆を揚げたり降ろしたり、いわゆる操帆テクニックを見せてくれるってことです。
N:よくご存知で・・。
Y:ここに書いてあります。

【今日のテーマ「日本のプロ野球の歴史」】にちなんで
かつて長嶋が巨人入団の際、川上哲治に、背番号「15」を勧められた。沢村栄治の「14」、そして川上自身の「16」と連続するという理由で、いい番号を与えてやろうという配慮から。が、長嶋は「フタケタの番号は自分には似合わない」と断って、川上のライバル千葉茂がつけていた「3」を引き継いだ・・んだって。
なにやら後の川上と長嶋の微妙な関係を象徴するかのようなエピソードですなあ。

■6月24日(木)
■季刊フレア夏号発売中■
<出演はナイスタウン出版山科陽子さんでした>
今月発売になった季刊フレアの第一特集は「食べる・泊まる・癒される 夏旅リゾート」。
香川・岡山・徳島・愛媛・広島・高知のリゾートバカンスをフレア流に紹介。実際に取材にいった山科さんの体験も語っていただきました。
さらに、ホテルで過ごす極上のヴァカンスとして、お勧めホテルを紹介。うれしい読者プレゼントにもすでにたくさんの応募が集まっています。

それ以外にも夏に欠かせないフード、「カレー」や、甘くてつめたい「スイーツ」、主役になれるトレンドアイテムを紹介したファッション情報など盛りだくさん。
この夏絶対手に入れたい一冊です。

□プレゼント□
季刊フレア夏号を10名に!
ご希望の方は、件名に「フレアプレゼント係」と書いて、住所・氏名・年齢・電話番号・番組へのメッセージを記入の上こちらから
締め切りは6月28日(月)必着です。
どんどんご応募ください。

■6月23日(水)
■本を出そう!出版相談会■
出演は、新風社出版プロデューサー下河憲子さんでした。
株式会社新風社が主催して、出版相談会が開催されます。
本を出したいけれどどうすればいいかわからないという方を対象に、「原稿制作のコツ」「出版界の現状」「出版するための方法」などさまざまな疑問に無料で答えてくれます。

会場 高松ワシントンホテルプラザ
日時 6月27日(土)、28日(日) 11時から18時
参加費無料・要予約  
お問い合わせ・ご予約は
03-5775-5748
新風社ホームページ

■6月18日(金)
■WeekendEdition■
<今週のお題「OPでご紹介した「コトバのチカラ」の本を手に・・・」>
K: この本の装丁ってキレイですよね。スッキリ爽やか〜っていうか。
U: 本の“顔”ですから、表紙って大事ですよね。
K: センスの良し悪しも出ちゃうし・・・
U: その点、キョウコさんの本はいいじゃないですか。
K: えっ、ド派手なオレンジですよオ;; して、その心は???
U: “性格”がまんま出てます。
K: なんですと!!
U: 褒めてるんですってば〜(汗;)

■6月16日(水)
■アマチュア演奏家のための作曲コンクール■
出演は、香川芸術フェスティバル「ゲンダイ音楽って何だ!?」アドバイザーの大山晃さんでした。
10月1日(金)〜11月30日(火)の2ヶ月にわたり開催される香川芸術フェスティバルの一環で開催される事業「ゲンダイ音楽って何だ!?」では、アマチュア演奏家のための作曲コンクールが実施されます。
これはアマチュア演奏家にも十分楽しめる音楽を作ることを目的に新しい感性で生み出された音楽作品を募集中。
電気楽器以外の楽器でアマチュアが演奏できる音楽をぜひ作曲してください。

お問い合わせ
ヤマハミュージック神戸高松店
087-822-3068
または、香川県ホームページをご覧ください。

■6月11日(金)
■WeekendEdition■
ゲスト山崎さん・・の巻
<今週のお題「面白“邦題”言いたい放題」>
山崎さんと泉谷さんがカブるのは私だけ???
☆番組でご紹介できなかった、原題と全然違う邦題集。
邦題 「明日に向かって撃て!」
原題 「Butch Cassidy&Sundance Kid]
 
邦題 「俺たちに明日はない」
原題 「Bonnie & Cryde」
 
邦題 「リトルダンサー」
原題 「Billy Elliot」
 
邦題 「ザ・エージェント」
原題 「Jerry Maguire」
☆ザ・エージェントと言うくらいならジ・エージェントでは??

■6月10日(木)
■あらきゆみCOSMOS絵画展■
コスモスばかりを描き続けて20数余年のあらきゆみさんの世界が楽しめる「あらきゆみ」さんの作品展が開催されています。展示された70点はすべてコスモス。
コスモスはギリシャ語で宇宙・調和を意味し永遠に寄り添う二つの魂と伝えられているそうです。宇宙は私たちにとって希望でありまた終わりのない愛は私たちの人生の夢なのかもしれません。とあらきさん。
素晴らしい技術を持ちながらひたすらコスモスばかりを描き続けるのは、コスモスがあらきさんにとってたったひとつの花でありたったひとつの出会いだったのだそうです。
フレームの中のコスモスからは、愛とぬくもり、包容力、そして無限の宇宙が感じられます。

開催期間 6月8日(火)〜13日(日)
開催会場 高松三越5階 特設会場
入場料 無料
あらきゆみさんのホームページ
会場には大小あわせて70点のコスモス画が華やかに咲き誇っています。
コスモスグッズも販売されています。ポストカードをはじめ、画集、腕時計も。

■6月9日(水)
■再生紙100%のトイレットペーパーを買おうキャンペーン■
県民参画課の高橋さん(左)と福島さん。真ん中はキャラクターのエコちゃん。
出演は香川県県民参画課 主事 高橋亜津子さんと福島亜企さんでした。
今年で2回目のトイレットペーパーを買おうキャンペーンが実施されています。
再生紙100%のトイレットッペーパーならば、純粋なパルプを使い製造される場合と比較すると、エネルギーは5分の1に節約されるのです。
さらに、資源の節約にもなり、必然的に森林の保護にもつながるのです。
しかも、紙の品質は若干劣るものの日常使用するには何の問題もありません。
ぜひ、あなたも再生紙100%のトイレットペーパーに切り替えましょう。

<キャンペーン>
再生紙100%のトイレットペーパーを買い、その商品のバーコードを切り取って、はがき、またはチラシについている応募用紙で応募すると、抽選で250名様に1000円の図書券または、商品券が当たります!
チラシは県内のキャンペーン実施店または県民参画課にあります。
実施店など詳しいことは、グリーンコンシューマーかがわHPをご覧ください。
実施店に設置されているこのデザインのチラシをもらって応募しましょう。

■6月4日(金)
■WeekendEdition■
U:「さあ、今日も“テンション”上げていこー!!」
N:「まずはチョコでも食べて“血糖値”上げてから、はい、ア〜ン」
U:「今日子さんに食べさせてもらって、“心拍数”まで上がりそう。
N:「怖がっとんかい!」

【映画「機関車先生」公開記念来県!坂口憲二さんサイン色紙プレゼント】
坂口さんからエフエム香川のリスナーさんに特別にサインをいただきました(感涙)!
(左から:お茶目な廣木隆一監督、幸せこのうえない私、100万ドルの笑顔、坂口憲二さん)
ご希望の方は
<宛先>〒760-8584
<FAX>087-837-7870
<E-mail>コチラから
締め切りは2004年6月9日(水)必着です、ふるってご応募ください!

6月3日(木)
■ホットカプセルから「codomomo(コドモモ)創刊!■
小さな子どもさんのいるファミリーに嬉しい情報満載の新しい雑誌「codomomo」(コドモモ)が創刊!
子どもと行きたいレジャースポット、習い事、育児サークル情報等、欲しかったあの情報が気軽に手に入ります。
(写真は、ホットカプセルの八木さん&多田さん)
「codomomo」Tシャツを抽選で2名の方にプレゼント!(110cm、120cm用各1枚)ご希望の方は、希望サイズ、あなたの住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、FAX、またはe-mailでご応募下さい。
(FAX)087-837-7870
どちらも、786スーパーメディオ「codomomoTシャツ」係りまで
締め切りは、2004年6月4日(金)必着です。


6月1日(火)
■梅雨のジメジメ対策■
お話はオレンジページ編集部生活特集担当石津さんでした。
オレンジページ6月2日号では、特集「おばあちゃんの知恵で梅雨どきのジメジメを追放」が掲載されています。
その中から、梅雨時期も快適に過ごせるポイントをご紹介いただきました。
<部屋の中のジメジメ対策>
例1:寝具のジメジメ対策
起きたら布団は整えない!
人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかいています。起きたばかりの布団をすぐにベッドメイクしたり、押入にかたづけてしまうのはNG。せめて30分以上はそのままにしましょう。ズボラなようですがこんな習慣こそが寝室のジメジメ対策に!ラクチンでしょ!

例2:着ていた上着は片づけない!
雨の日はもちろん、それ以外でも上着には湿気がついています。脱いだ上着はすぐにクローゼットに入れてしまわないでドアなどに仮干し(2〜3日)して乾燥させましょう。

おすすめ!ジメジメ対策アイテム
昔から湿気対策につかわれてきた炭!
今は炭をつかったアイテムが手軽に手に入ります。ありとあらゆる場所に炭を置きましょう。衣類の除湿には、炭シートハンガーが便利。場所をとらず、きつきつのクローゼットにも楽々かけられるので是非活用したいアイテムです。