FM香川-I LOVE RADIO 786 -




TOPページ

学メシ探検隊

コンビニ前の英会話

放課後お仕事相談室

投稿魂
 





2007年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月


11月29日(木)
★Lesson 34★

香川県内でヘル中じゃないところってあるのかしら?

生徒A:ええなーチャリ通〜
  (It must be nice riding to school.)
生徒B:ええけど、ヘルメットかぶらないかんのが嫌やわ。
  (Yeah, but I hate having to wear this helmet.)
生徒A:あーメットなー。でも、○○ヘルメット似合っとるよ。
  (Ah, the helmet. But it suits you.)
生徒B:えーそんなんうれしくないわ。
  (That doesn’t make me happy.)
今回の日本語例文紹介は、香川県立高松商業高等学校のオオニシマユさんとコンドウコースケ君にやっていただいています。

アラン先生のワンポイントアドバイス
wear→日本語では、ヘルメットを被る、メガネをかける、メイクをするなど身につけるものによって、動詞が違ってくるけど、英語の場合は、身につけるものは全て『wear』でOK!!
・It suits you.→似合っているよ。
スーツでもスーツ、着物でもスーツ、海パンでもスーツ…なんでも似合っていればsuits!!


11月22日(木)
★Lesson 33★

家庭科の調理実習。女子が、頑張る時間です。

生徒A:あっ痛っ!
  (OW!)
生徒B:どうしたん?
  (What’s the matter?)
生徒A:指、切ってしもた。
  (I cut my finger.)
生徒B:人指し指から、血出てるやん!大丈夫?
  (Your index finger is really bleeding. Are you OK?)
生徒A:保健室行って消毒してくる・・・
  (I’m gonna go to the nurse’s office to get it disinfected.)
今回の日本語例文紹介は、さぬき市立天王中学校のシンカワトモコさんとトミダサキさんでした。

アラン先生のワンポイントアドバイス
・指の名前を覚えよう!
人差し指→index finger
中指→middle finger
薬指→ring finger
小指→little finger、pinky
親指→thumb


11月15日(木)
★Lesson 32★

トゥルトゥットゥットゥルトゥ〜♪トゥルトゥットゥットゥルトゥ〜♪

生徒A:私、毎晩夢にムーディー勝山の歌が出てくるんやって。もう全然寝れんわ!
  (Every night, Moody Katsuyama sings in my drams.)
生徒B:右から左へ受け流したらええやん。
  (Why don’t you take it from the right and send it to the left.)
生徒A:それが出来たらええんやけどなぁ。
  If only I could...
今回の日本語例文紹介は、さぬき市立天王中学校のシンカワトモコさんとトミダサキさんです。

アラン先生のワンポイントアドバイス
If only I could...→それさえ出来れば・・・
(例)If only I could have a lot of money. もっとお金さえあれば・・・
If only I could...は便利な表現なので覚えておこう!


11月8日(木)
★Lesson 31★

ゴジラ松井も青春時代は、これで悩んだそうです。

生徒A:はあ…
  (Haaa…)
生徒B:どしたん?ため息ついて
  (What’s the matter?)
生徒A:どうしたらニキビが治るんやろうか…
  (How can I cure my acne?)
生徒B:そんな悩む程出来てないやん。ニキビは青春の証やで!
  (That’s nothing! That’s just part of being a teenager.)

アラン・ウルフ先生のワンポイントアドバイス
acne(アクニー)→ニキビ
ニキビの原因はアクネ菌と日本でもよく言われているよね。
teenager=teen(13歳〜19歳の青春時代を過ごしている人を指すらしい)
英語圏では、10代じゃない人が、『I’m teenager.』って使うことはないらしいので、使い方には気をつけて。


11月1日(木)
★Lesson 30★

あなた…お口がおっきいのね…

生徒A:あ〜、その肉まん美味しそうやな。一口ちょうだい。
  (Oh, that meat dumpling looks good ! Let me have a bite.)
生徒B:え〜嫌や。お前、一口って言って、いっつもめちゃくちゃいっぱい食べるやん。
  (No way ! Whenever you say “ a bite “ , you end up eating most of it.)
生徒A:お代官様!そこをなんとか!
  (Your Majesty , I beg you !)
生徒B:もう、しょうがないなあ…
  (Okay.)
今回の日本語例文紹介は、高松市立桜町中学校のイシイ ユースケ君とウエハラ ショウヤ君にやっていただいています。

アラン・ウルフ先生のワンポイントアドバイス
・肉まん→meat dumpling
・〜させてください→let me 〜
・ひとくち→a bite
・お代官様→王様や女王様のような位の高い人に対してよく使うのは
Majesty、Highness、Excellencyなど。
なので、『お代官様、そこをなんとか!』は、『Your Majesty, I beg you』.が一番近い表現になります。おねだりする時に使ってみてね♪