FM香川-I LOVE RADIO 786 -




TOPページ

学メシ探検隊

コンビニ前の英会話

放課後お仕事相談室

投稿魂
 





2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

1月31日(木)
★Lesson 43★

男の敵でもあり、女の敵でもある。

生徒A:あの子、めっちゃかわいいと思わん?
  (That girl’s really cute , don’t you think?)
生徒B:どの子?
  (Which girl?)
生徒A:あの赤い服着てる子。
  (That girl in red.)
生徒B:ああ、あの子?やめといた方がええで。
  (Oh…That girl? You’re better off forgetting about her.
生徒A:なんで?
  (Why?)
生徒B:魔性の女や。
  She’s bad news.

今回の日本語例文は、高松市立香東中学校のニシムラケイスケ君とフクイタツキ君にやってもらいました。

アラン先生のワンポイントアドバイス
be better off 〜ing →〜した方がいい
(例)You’re better off studying. 勉強した方がいいよ
You’re better off listening to the radio. ラジオを聴いた方がいいよ
You should forget about her. や、If you forget about her, it was be better.という
言い方もあるけど、会話的には、be better off 〜ing が良い。
She’s bad news. →魔性の女
魔性の女を直訳できる英語の表現はない。
彼女は悪いニュースである、悪い話しか聞かないということで、大体意味は伝わるそうです。


1月24日(木)
★Lesson 42★

わたしゃ、今100m走ったら、ぶっ倒れるね。

生徒A:100m何秒で走れる?
  (What’s your time in the hundred-meter dash?)
生徒B:俺は、13.5秒
  Thirteen−five.)
生徒A:速いなあ!
  That’s fast!
生徒B:お前は?
  (How about you?)
生徒A:俺は、15秒くらいかな。
  (About 15 seconds.)

今回の日本語例文は、高松市立香川第一中学校のカガワリョウ君とナカハラヒロアキ君にやっていただきました。

アラン先生のワンポイントアドバイス
Thirteen-fiveThirteen . 5 secondsを会話で使うには、短縮して使う。
That’s fast!→速いなあ!というのは教科書では、『How fast!』、『What a fast runner you are!』と習ったけど、会話ではあまり使いません。
会話では、『That’s fast!』、『That’s great!』などを使います。


1月17日(木)
★Lesson 41★
俺、テニスの王子様

生徒A:見て!見て!俺、サーブ&ボレーうまくなったやろ?
  (Hey , Check it out. My serve and volley has gotten good.)
生徒B:おお!すごいなあ。でも、お前すぐバテるから試合では使えんやろ?
  (Oh , that’s good! But you always tire out quickly, so you can’t use it in a match.)
生徒A:はあ・・・はあ・・・
  (Hah-Hah・・・)
生徒B:ほら、もうバテてるし。
  (See! You’re already tired out.)

今回の日本語例文は、高松市立香川第一中学校のカガワリョウ君とナカハラヒロアキ君にやっていただきました。

アラン先生のワンポイントアドバイス
check it out →見て見て!
他にも、新しいCDが出た時に、聞いてみて!とか、映画が公開されたから見てみて!など
色んな場面で使えるのでcheck it out してみてね。
tire out→(動詞)疲れる  tired out(形容詞)


1月10日(木)
★Lesson 40★
みんなの今年の目標はなに?

生徒A:今年の目標って何?
  (What’s your New Year’s resolution?)
生徒B:今年こそ絶対、彼氏作る!
  (This year I ‘m definitely gonna get a boyfriend.)
生徒A:それ、去年も言うてたよね。
  (You said the same thing last year.)
生徒B:ううん。一昨年も言うてた。
  (Nah, I said the same thing the year before last, too.)

今回の日本語例文は、高松市勝賀中学校のヨコタシンジ君とキタムラハルカさんにやって
いただいています。

アラン先生のワンポイントアドバイス
・今年の目標→New Year’s resolution / resolution→決心したこと
The year before last→一昨年
The day before yesterday→一昨日
The day after tomorrow→明後日


1月3日(木)
★Lesson 39★
お母ちゃんの存在ってデカイよね。

生徒A:あーヤバイ!遅刻する〜!
  (Oh no! I’m gonna be late!)
生徒B:ほらほら、カバン忘れてるわよ。
  Hey , hey!What about your bag?)
生徒C:おおっと!じゃ、行ってきまーす!!
  (Oh yeah!See you later.
生徒D:こらこら、その靴お父さんのよ。
  Hey, hey!Those are Dad’s shoes.)

今回の日本語の例文は、高松市立勝賀中学校の石井ひろあき君、近藤さきみさんにやっていただきました。

アラン先生のワンポイントアドバイス
Hey!hey!→ほらほら、こらこらなど。
なので、『ちょっとっ!ちょっとちょっと!』は、『Hey!Heyhey!』になります。使ってね♪
・いってきます→英語では「いってきます」に該当する直訳はない。
よく使うのは『See you later』 
『またあとで』も『See you later』なので、同じ言葉でも場面で意味が違ってくるのです。