今週のテーマ / TOPICS

取材日記

リビング通信

ユーリックホームの悠々快適生活

KIRIN FUN倶楽部

Cafe de shuttle

what's JC

 
2004年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
■1月30日
お店セレクション(1月号)
インタビュー:池田さん
今日は、欧州屋からの紹介。
バレンタインデー間近ということで、欧州屋ではバレンタインデー用のチョコがお目見え。
今の時点では5〜6種類登場していますが、これから種類がどんどん増えます。
また、バレンタイン用ケーキとして、ハート型のチョコレートケーキもあったりと、バレンタインに”チョコ”っと差をつけたい女性にはオススメですよ。
甘さを控えめにした欧州屋のチョコレートは、年齢を問わず人気のようです。
Fine コーヒータイム
ゲスト:NPO法人 アーツカウンシル高松 大西詠子さん
Fineの美味しい珈琲を飲みながらお喋りしていく「Fineコーヒータイム」と「エブリバディカモン」をドッキングさせた新コーナ。
今月は、アーツカウンシル高松主催の事業「50Drops of Arts」から、「10 ミニッツ・スターコンテスト」を紹介しました。
昨年の10月から、毎週日曜日、クアトロ・トルリビル6階で行われている「50Drops of Arts」は、50週連続公演目指す「マラソン芸術講座」。
その中で、2月29日は、音楽コンテスト「10 ミニッツ・スターコンテスト」を開催。
10分間ステージを使ってあなたの音楽を聞かせてください!
ただいま参加ミュージシャン募集!(締め切り2月10日)まずは、アーツカウンシル高松までデモテープ送ってくださいね。
参加費は必要なしで、上位入賞者にはあなただけのステージをご用意するそうですよ。
ここから、讃岐系ミュージックが生まれるかも?!
また、一般の方からの会場審査員も募集。
音楽大好き、今の香川のミュージックシーンが見てみたいという方は審査員として、参加してみてはいかが?当日、行くだけでOK!

「50 Drops of Arts〜10 ミニッツ・スターコンテスト」
日時:2004年2月29日(日) pm2:30〜
会場:丸亀町アクトスタジオ(高松市丸亀町商店街 クアトロトルリ6F)
お問合せ先:087−851−6005(アーツカウンシル高松)
*夕方以降のお問い合わせをお願いします。
ビックリGuest!「清水健太郎さん」
1月31日(土)にディナーショーを控えている清水健太郎さんが、なんと公開放送に遊びに来てくださいました。
突然の登場にもかかわらず、気がつけばたくさんの人だかり!!
昨年の11月にリリースした新曲「OYAJI」の秘話を中心におおいに盛り上がりました!
■なにがでっきょんな
マルチメディア ステーション I LOVE 遊」 
マルチメディアステーション「I LOVE 遊」では、週刊誌50種類、月刊誌100種類、漫画在庫40.000冊が全部読み放題!
入り口のゲートで、身分証明書を見せて(I・LOVE・遊やGEOの会員証でもOK)入ります。
そしてお店のマップの中から、一つ自分の座りたい席をGET!
あとは、そのお席でゆっくりくつろいでください。
店内は個室で区切っていて、それぞれの席には、インターネット席、ペア席、リクライニング・マッサージ席など、バラエティ〜。
なんと、ゲーム機も借りられます!
自分の世界にどっぷり浸れますね。じっとしていることに飽きたら、ビリヤードや卓球で体も動かせます。
あとのどが渇いたら、コールド・ホットと飲み放題のドリンクを用意しています。
自由に遊べる快適空間♪使い方はあなたしだいです。

■1月23日
「香川県歴史博物館〜伝統芸能公演”古典落語に見る庶民生活”」
Guest:香川県歴史博物館 藤田耕正さん
歴史を肌で感じる施設「香川県歴史博物館」では、毎年1回「伝統芸能公演会」を開催しています。
過去には、サヌカイトの演奏や直島の人形浄瑠璃・直島女文楽などを行ってきましたが、今回は「古典落語に見る庶民生活」として、桂こけ枝さんが登場!
日常を題材にした話の多い落語には、そこから昔の方の生活が見えてきます。
また、落語には扇子や手ぬぐいを生活の道具に見立てた動作が数多く出てきますが、その道具も実際見ることができます。
聴講料は無料ですが、定員は230名まで。
事前の申し込みが必要です。電話・ハガキ・FAXで受付中。(詳しくは下記にて)
その他にも知的好奇心をくすぐる企画がいっぱい。「教科書だけが歴史ではない」という藤田さんの言葉のように歴史が自分の生活の一部と感じる香川県歴史博物館です。

伝統芸能公演「古典落語に見る庶民生活」*こけ枝ワールドへみなさんもどうぞ!
日時:2004年 2月7日(土)13:30〜15:30
場所:香川県歴史博物館 地下一階 講堂
申し込み:電話(087-822-0247)FAX(087-822-0049)ハガキ(〒760-0030高松市玉藻町5−5 香川県歴史博物館 学芸課)。あて先は「伝統芸能公演希望」、必ずあなたのお名前・住所・電話番号を明記ください。
お問い合わせ:087-822−0247
「加賀人形店」
インタビュー:福本幹夫社長
今年雛人形のご購入予定のある方、加賀人形店はいかがですか?
加賀人形店、高松店・宇多津店では全国の有名人形作家のお人形がそろって見ごたえも十分。
まさに「お人形ミュージアム」!
最近の傾向としては、ひな壇が収納ボックスになるタイプが人気だそうです。
また加賀人形店では「セレクトシステム」といって、お人形の顔や体、道具などパーツことで選ぶことができます。
あなただけのオリジナル雛人形も作ることができます。
四国最大級のお人形専門店ということもあって、種類も豊富で迷うかもしれませんが『まずは予算を決めてから購入することが大切』と福本社長。
わからないことは、加賀人形の専門スタッフの皆さんが親切に教えてくださいますよ。
気軽に覗いてみてくださいね。

【お問合せ先】
加賀人形店高松店 087-863-4818
加賀人形宇多津店 0877-49-2114
「ソレイユ2”特集上映”」
ゲスト:岡雅仁支配人
高松市亀井町のソレイユ2では、一つのテーマから普段スクリーンで見られない貴重な作品を上映する「特集上映」が人気を集めています。
今回、1月24日からは、今話題の「新撰組」をテーマに4つの作品を上映。
新撰組をテーマに時代を超えた4つの作品、それぞれ切り口も違うから面白い!
見比べるのもいいかも知れませんよ〜。

『映画で観る新撰組アラカルト!』
<第1弾>「御法度」(1999年/松竹/100分)
期間:1/24(土)〜1/28(水)@10:45 A12:55 B15:05 C17:15 D19:25(〜21:05)
<第2弾>「沖田総司」(1974年/東宝/92分)
期間:1/29(木)〜2/1(日)@10:50 A12:50 B14:50 C16:50 D18:50(〜20:20)
<第3弾>「新撰組」(1970年/三船プロ/122分)
期間:2/2(月)〜2/6(金)@11:05 A13:35 B16:05 C18:35(〜20:35)
<第4弾>「壬生義士伝」(2003年/松竹/137分)
期間:2/7(土)〜2/12(木)@10:40 A12:25 B16:10 C18:55(〜21:10)
*ご注意:今回の上映は、本編前の予告上映がありませんので上記の時間から本編が始まります。
また、完全入れ替え制です。
【会場】ソレイユ2(高松市亀井町10−10 ソレイユビルB1)
【料金】一般¥1200 学生・シニア¥1000
(毎月1日、月曜メンズ・水曜レディスデーなど、サービスデーも適応)
【お問合せ先】087−861−3366
■なにがでっきょんな(1月23日)
「ABC高松天満屋クッキングスタジオ」
インタビュー:マネージャー 茅野先生
ABCクッキングスタジオは、全国に56校あるビギナーさんにもオススメの女性専用の料理教室。
開放感溢れるオープンキッチンでは、常に楽しそうにお料理を作る女性たちで賑わっています。
今回は、その時期にピッタリなお料理を教えてくれる1日料理教室にお邪魔しました。
この時期のメニューはバレンタインにオススメ!「ショコラフォンデュ」!
あったか〜いチョコレートケーキ!中からとろーりチョコレートソースが出てきて美味です。
こんな凝ったお菓子も手軽にできるんですよ〜。
ハンドミキサーなど料理道具も細かく先生が教えてくれます。
これは、チョコレート生地と卵白を混ぜ合わせているところ。
サクっと混ぜるのがポイント。
先生の手伝いもあり(?!)手際のいいのりこレポーター。
あとは、オーブンで・・・。
はい♪できあがり!
小学4年生以上の女性なら誰でも参加OK!
授業料は材料費込みで、なんと¥500!事前の申し込みが必要となります。
平日は1日に5回、土日は4回の授業がありますが、込み合う時間帯もありますので早めに予約を入れてくださいね。

詳しくは、ABC高松天満屋クッキングスタジオのHPをご覧ください。
http://www.abc-cooking.co.jp/other/event_0401.html
お問合せ先は、087−812−7740
・〜・〜・号外!・〜・〜・
今、高松天満屋全体がバレンタインムード一色♪
まず、高松天満屋の「デパチカ」でも有名ブランドチョコレートもお目見え。
2/4には、バレンタインストリートとしてバレンタインコーナーを拡大。
およそ40ブランドのチョコが揃います。
また8Fでは、ハート型の白い絵馬に思いを託す「愛と旅立ち祈願」
1年後のバレンタインの日に手紙が届く「愛のタイムカプセル」。
そして書く売り場では、チケットで愛を形にした「バレンタイン愛情チケット」などが用意されています。
母娘で、友達同士で、恋人同士で参加して盛り上がってください♪

■1月16日
「独立行政法人 国際協力機構 (JICA)」
Guest:青年海外協力隊帰国隊
堀上さん、井上さん、安藤さん、渡邊さん、推進員、池田さん
JICAのボランティア事業の一つ「青年海外協力隊」では、すでに74カ国へ約24700人の隊員が派遣されています。
それぞれの派遣された国で現地の人と共に暮らしながらボランティアをされています。
香川では今まで179名の方が派遣され、現在は15名方が派遣中です。
今回はその中で7名の方が帰国されました。
きっかけはそれぞれ違いますが、ボランティア活動を行いながら現地の人、文化に触れるなど貴重な自身にとって経験もされたようです。
JICAの海外ボランティア「青年海外協力隊」興味のある方は、まずはお問い合わせお願いします。
お問い合わせ先:087−837−5908
■なにがでっきょんな
「高松赤十字病院 禁煙教室」
インタビュー:外科部長 森田純二さん
禁煙したくても、なかなか続かない!という人にオススメ!
今週は高松赤十字病院の「禁煙教室」をご紹介しました。
森田先生は外科医師ということから、年々増える肺癌に懸念。
そこで、原因の1つである「たばこ」や「禁煙」についての啓蒙活動をされています。
データや資料などを使ったり、森田先生自身も喫煙者だった経験からの禁煙するにあたってのコツなどを教えてくださいます。
また、森田先生も所属されている全国から禁煙を支援する「禁煙指導研究会」のHPもぜひチェックしてみてくださいね。

「高松赤十字病院 禁煙教室」
日時:毎月第4土曜日 13:00〜15:00
お問い合わせ:087−831−7101

■1月9日
「清水健太郎 ディナーショー」
Guest:オフィスストリート 松本浩治さん
俳優活動をしながら、香川では俳優養成学校の先生をされていたり、またイベントプロデューサーもされている松本さんが、ビデオ「首領への道」出演がきっかけで親しくなった清水健太郎さんのディナーショーを開催。
香川初上陸です。
「失恋レストラン」が大ヒットした清水健太郎さんも、現在は歌だけではなく俳優としても大活躍。
今回のディナーショーも、歌あり舞台ありと、いろいろ趣向を凝らした内容となっています。
特に新曲「OYAJI」しっとりとバラード。ささやくような清水健太郎さんの歌声もお楽しみください。

「清水健太郎 ディナーショー」
日時:2004年1月31日(土) 6:00pm〜8:30pm
場所:マツノイパレス(クリスタルホール)
お問い合わせ:090−4508ー4747(オフィス ストリート)
■なにがでっきょんな
「メディカルフィットネス Azzurri」
インタビュー:健康運動指導士 植松圭悟さん
医療とフィットネスがリンクした「Azzurri」は、健康診断や、医師による面談がある今までにないフィットネスクラブ。
さらに、医師、健康運動指導士、栄養士が、医学的な根拠に基づいたプログラムを作成しますから、心強いですよね。
体力作り、健康作り、減量はもちろん、腰や膝を痛めてしまった方、糖尿病や、高脂血症によって、医師に運動を進められた方などは特にお勧めです。
出口レポーターも、体力検査に挑戦。握力、前屈、腹筋、エアロバイクなどで今の体力を測ってもらいました。
結果は・・・わかっていたけど、やっぱり運動不足みたい。
普段からの無理のない運動が健康作りの一歩です。
あなたも「Azzurri」で健康寿命伸ばしてくださいね。

「メディカルフィットネス Azzurri」
住所:高松市松縄町35−3 広瀬病院リハビリ棟5・6階(受付は6Fになります)
お問い合わせ:087−867−9933
開館時間:10:00am〜9:00pm(ただし木・土は、5:00pmまで)
休館日:日曜・祝日

■1月2日
「さぬきこどもの国」
毎年讃岐子供の国では恒例の「新春ことはじめ」が1/2・3・4に開催。
1日2回開催(11:30〜、13:30〜)
3日は、桂こけ枝さんが子供たち向けに手遊びゲームなどを織り交ぜた楽しい落語会を開催。
4日は、和楽器の音楽会!
また、子供の国の各工房でも、羽子板やこま、ジャンボ双六などのお正月遊びなどが楽しめます。
親子で2004年の正月楽しんでくださいね。
■なにがでっきょんな
「金刀比羅宮」
インタビュー:社務所 富田頼総さん
2004年最初のウィークエンドシャトルは、初詣の人々で賑わう「金刀比羅宮」にやってきました。
みなさん、思い思いに本宮でお参りをされていました。
また、社務所前では巨大絵馬に願いごとを書き込む方たちで賑わっていましたよ。
今年2004年の金刀比羅宮は「平成の大遷座祭」の年。
祭神の神霊を本殿から仮殿に移されます。
そしてその間本殿を改修・修繕し、再び仮殿から本殿に移すというもの。
これが、33年に1度行われるという大切な行事です。
特に今回は、新時代にふさわしい「ニューこんぴらさん」として蘇るとか。
これに伴い、奉祝記念事業として、奥書院の一般公開などの文化事業も開催予定です。
普段みられない貴重な資料や文化財などに触れるチャンスですよ!