四国霊場八十八ヶ所の「奥の院」を回って、写真、地図つきで一冊の本にまとめた人がいる。

高松市の多賀町三丁目、川東和夫さん(53)でこの春、「空海に遇う旅奥の院道指南」として出版した。

讃岐の“超有名人”弘法大師が開いた四国霊場巡り。その縁起、順路などを紹介したガイドブックは、古くは江戸の昔からたくさん出版されているが、奥の院だけをまとめたものは珍しい。

珍しいと言うよりも、川東さんが初めてではないだろうか?霊場巡りをした人なら分かるが、これらの寺に行くと、よく「奥の院」と記された立て札に出会う。しかし、「奥の院」を訪れるお遍路さんは極めて珍しい。よほど信心深い人か好奇心の強い人だ。

なぜか?

決まっている。「奥の院」はその寺の奥のはるか遠い山頂にあったり、険しい崖の縁にあったりするからだ。危険なのでお参りを禁止している箇所もある。

一口で「奥の院」と言っても、札所の寺が管理しているものもあれば、独立した別の寺だったり、なかには無住で廃屋になっていたり、明治の「廃仏希釈」騒ぎまでは「奥の院」だったのに、いまは神社になっていて関係の切れたものまでさまざまである。

ガイドブックを書き上げた川東さんは平成五年春、娘が大学受験に失敗したのを機会に、両親を誘ってお遍路さんを始めた。当時は時間が比較的自由になる美容具販売の仕事をしていて、四国各地を回っていた。

「奥の院」を回り始めたのは、お遍路を始めて一年目、第73番札所、出釈迦寺を訪れた時だった。珍しく女性の住職のいる寺で、美しい桜を眺めていて、岡田幸恵住職に「ぜひ奥の院を訪ねなさい。得るものがありますから」と勧められたのがきっかけだった、と言う。
MONG@

出版されたガイドブック
「空海に遇う旅 奥の院道指南」

筆者の川東和夫さん

ガイドブックのお申込・お問合せは・・・
087-834-6122


高野山奥の院 御入定所
総本山 善通寺 御誕生所
四国第一番 東林院
四国第三番 愛染院
四国第五番 五百羅漢
四国第十二番 蔵王大権現
四国第十三番 建治寺
四国第十四番 慈眼寺
四国第十八番 弁財天
四国第十九番 取星寺
四国第十九番 星の岩屋
四国第二十番 慈眼寺
四国第二十一番 黒滝寺
弘法大師御修行の聖跡 舎心ヶ嶽
四国第二十二番 弥谷観音
四国第二十三番 泰仙寺
四国第二十四番 一夜建立の岩屋
四国第二十八番 爪彫り薬師
四国第三十番 安楽寺
四国第三十一番 船岡堂
四国第三十四番 本尾山奥の院
四国第三十六番 青龍寺奥の院
四国第三十七番 矢負いの地蔵
日本第一霊場 眞念菴
四国第四十番 龍光院
四国第四十五番 お逼割・白山行場
四国第四十八番 杖の渕
四国第四十九番 牛之峰地蔵堂
四国第五十一番 石鉄寺
四国第五十二番 太山寺奥の院
四国第五十三番 圓明寺奥の院
四国第五十四番 円明寺
四国第五十六番 龍泉寺
四国第六十番 星が森
四国第六十一番 白瀧
四国第六十四番 奥前神寺
四国第六十五番 仙龍寺
四国第六十六番 長福寺
四国第七十番 妙音寺
四国第七十一番 獅子之岩屋
四国第七十三番 捨身ヶ嶽禅定
四国第七十九番 金山奥の院
四国第八十一番 毘沙門窟
四国第八十二番 鷲峰寺
四国第八十六番 地蔵寺
四国第八十七番 玉泉寺
四国第八十八番 胎蔵峯寺
四国第八十八箇所 與田寺
「奥の院物語」を終わるに当たって