大竹智子の愛され学

ご出演は

全日本作法会

家督 大竹智子先生 ✨

 

「春の別れ」

をテーマにお話してくださいました

 

祝い事が続く

卒業の後の入学
卒業の後の就職

の場面で
お祝いを差し上げるには
どうすればいいのでしょうか

どちらかを祝うならば
基本的には、次の生活が始まる方、
つまり、入学や就職を祝うようにしましょう🎁

 

入学祝いの場合は、
本人に経済力がないと想定されるのでお返しは不要

 

就職祝いの場合は
初任給でのお返しが一般的です

お返しに気を使わせないのであれば
就職祝いよりも前の卒業祝いを贈る方がよいとも言えます

異動の場合
表書きには

餞別

 

 

餞(はなむけ)

 

の文字を使いますが
相手によって使い分けます

 

餞別     ➡ 目上から目下へ
餞(はなむけ)➡ 誰に対しても使えます

餞別にお返しは必要ありませんが
転勤などなら、
元の職場の皆さんに向けて、新天地での名菓などを
贈るなどするとよいですね

複数人で金封を贈る場合の表書きについて

連名で記載するのは3人まで。
熨斗のある蝶結び又は淡路結びを使います
熨斗に一番近い人が目上です

大竹智子の愛され学では
皆様からのご質問も受け付けています