番組審議会 Council

バックナンバー

平成30年度 第5回 放送番組審議会報告

開催年月日
平成30年9月10日(月)午後5時~午後6時
開催場所
(株)エフエム香川本社会議室
出席者
  • 委員総数 9名
  • 出席委員数 8名
  • 出席委員の氏名(6名)
    • 委員長 橋本 一仁
    • 委員  大庭 成一郎
    • 委員  久保 月
    • 委員  中橋 恵美子
    • 委員  宮本 吉朗
    • 委員  望岡 亮介
  • 会社側 出席委員の氏名(2名)
    • (株)エフエム香川
    • 制作技術部グループリーダー 井川 達雄
    • 制作技術部グループリーダー 蒲野 誠一
    • 制作技術部          中井 今日子
  • 会社側欠席委員(1名)
    • (株)エフエム香川
    • 代表取締役社長 山下 誠志
議題
毎週月曜日12時~12時55分放送「#ゴゴから!」(平成30年7月23日放送分)
議事の概要
 エフエム香川開局30周年を記念して作られた新番組「#ゴゴから!」。今年6月より毎週月曜の正午から放送中のこの番組は「Twitter大喜利」をメインコーナーとし、パーソナリティのリンクアップとっしーと小林紘子がリスナーと掛け合う「ライトなお笑い番組」である。

 各委員からは「お行儀の良いAMラジオのよう」「気軽に聞けるお昼の番組」「仕事をしながらでも邪魔にならない」「1つ1つの部分が面白い」と、好感度の高い感想が寄せられた。また今回、新加入のパーソナリティ、リンクアップとっしーと小林紘子についても「元気とテンポが良い」「息が合っている」「喋りがハキハキしてこなれている」「投稿に対してのアドリブに頭の回転の良さを感じる」と高評価だった。県外を中心に活動をしている2人であるが、「香川の言葉ではないところが聞きやすかった」「リンクアップとっしーの岡山弁に柔らかなキャラクターが出ていて良い」と、これまでの雰囲気と違う番組に新鮮さを感じる委員もいた。しかし、県外出身のパーソナリティの為、「香川では常識なことを知らない」「社内にあるフリーペーパーなど見て勉強してはどうか」などの意見もあった。

 また「Twitter大喜利」については「大喜利が難しい」「大喜利が長い」「面白いのもあったので良かった」「滑るのもまた面白い」「2人は笑っているがこちらは笑ってないよ、と感じることも」「何回も滑ると聞く側が疲れる」など、個人差が分かれるものも多く、投稿ツールをツイッターにすることについて「なぜツイッターなのか」という質問や「フォロワー数はもうひと頑張りといったところ。どのツールが効果的か気になった」という意見もあった。

 そしてもう1つのコーナー「ここがオモロイ香川県」については、「対象が県内人か県外人か分かりにくい」「もうちょっと面白い所を探してほしい」などの意見が出た。あと多かった意見は番組内の音楽について「効果音が番組を賑やかに印象付けている」「選曲に時代が感じられる」「選曲に年代が強く出ているがターゲットはどこか」「60代にはピッタリな選曲」と、古い選曲について意見が出た。

 以上、各委員から一通り意見や感想、質問が出た後、「#ゴゴから!」ディレクターの蒲野から各委員へと説明が行われた。新番組ということで、審議会では課題も幾つか出てきたが「今後も楽しみである」という多くの委員からの期待値が高い中、審議は閉会した。

注目!CONTENTS